弟の誕生日に姉がやってしまった事

カレンダー

 

これは、中学時代の友達の女の子の話。

 

その女の子の名前を仮に『ユリ』とする。

 

ユリはお嬢様だった。

 

凄い学歴の両親に、立派な一軒家。

 

成績もトップクラスだ。

 

ただ、ユリの家庭では、お母さんが6歳の弟ばかりを贔屓するらしく、そのせいでユリは弟を嫌っていた

スポンサーリンク

とうとう壊れてしまったユリ

そして冬のある日、その弟が7歳の誕生日を迎えた。

 

さすがにこの日は、ユリも一緒にお祝いをしてあげた。

 

ところが、両親から弟へのプレゼントが一向に出てこない。

 

すると、しばらくして子犬が現れた。

 

プレゼントは犬だった。

 

それが姉であるユリをキレさせた。

 

過去にユリが「犬を飼って欲しい」と泣きながら頼んでも、両親は許さなかった。

 

なのに弟はすぐ手に入った。

 

そして、子犬の首輪にはお母さんから弟への手紙が挟まれてあった。

 

『○○君へ。お誕生日おめでとう。お姉ちゃんなんかよりももっと良い子に育ってね!ママより』

 

この手紙を見たユリは、とうとう壊れてしまった。

 

翌朝、学校に行くとユリは居なかった。

 

そして、唐突に先生がユリの”自殺”を告げた。

 

飛び降りだったそう。

 

実は手紙を見た後、ユリは真冬なのに薄着に裸足のまんまで、いくつかの物を持って家から飛び出したそう。

 

持ち物は、筆記用具とメモ用紙。

 

そのメモ用紙にはこう書かれてあった。

 

『大嫌いな○○君の誕生日に、両親が私のことだけ考えて、仏壇に手を合わせて悲しんでくれますように』

 

ユリのお母さんは悪気はなかったらしい。

 

弟と比べる事で、成績がもっと上がってくれれば・・・と願ってのことだったとか。

 

お母さんはそこまで話して、わあわあ泣いていた。

 

怖いというより悲しかった。

 

私は大人になった今でも当時のことを思い出す。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ