祖母の家に泊まった夜、妹が・・・

水

 

これは、まだ私が子供だった頃、お盆の時期に妹と二人で祖母の家に泊まった時の話。

 

祖父母と晩ご飯を一緒に食べて、私たち姉妹は客間に寝かせてもらった。

 

その夜中、不意に妹がむくっと起き上がり、「お水、飲みたいよー!」と言い出した。

 

全くもう・・・と思いつつ、私は台所からコップに水を入れて持っていった。

スポンサーリンク

妹は憑依されていた

妹は水を一気に飲み干すと、また「お水!」と言うので、私は再び台所へ向かう。

 

すると、祖母が寝間着姿で台所に立っていたので、「妹がすごく水を飲みたがっていて・・・」と話した。

 

それを聞いた祖母はヤカンに水を入れ、「○○(妹)に飲ませておいで」と方言で言った。

 

妹は水をごくごく飲み、それを見ていた私が不安になった頃、祖母が白いおむすびを2つ持って来た。

 

そして「お食べ」と勧めると、妹は嬉しそうにもくもくと食べたかと思えば、ため息をついて布団に倒れ込み、寝てしまった。

 

そのあと祖母は私に、「今のは婆ちゃんの妹で、お腹を空かしたまま病気で逝った子じゃけん」と話し、「もう大丈夫」と私を寝かせた。

 

翌朝、妹は水をごくごく飲んだのも、おむすびを2つ食べたのも覚えていなかった。

 

それ以降も似たような事が数回あったが、祖母が他界してからはパタリとなくなった。

 

祖母の妹さんはお腹がいっぱいになったのかな?

 

それとも、祖母が一緒に連れていってあげたのかな?

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ