幽霊屋敷に住んでいた時の話

屋敷

 

これまでの人生で心霊現象らしきものに遭遇したのは、川遊びと今からお話する体験のみの0感の者です。

 

そんな0感な私でも、“明らかにおかしい”と分かる幽霊屋敷に住んでいた時の事です。

 

家鳴りや見えない何かが階段を上り下りするのはしょっちゅうで、人が居ないのにテレビが勝手についていたり、出した覚えのない水が出っ放しになっていたりと。

 

住人である0感の私たち家族をよそに、我が家に出入りする敏感な人たちは自主的に盛り塩をしていく始末。

 

他にも、商売繁盛の神棚を用意する為に呼んだ神主が、商売繁盛どころじゃないと訪問を泣いて嫌がる。

 

後から知ったのですが、よくある『3ヶ月以上住み続けた人がいない』と言われる典型的な幽霊屋敷でした。

スポンサーリンク

もう一度住めと言われても無理

友人は一度招待すると二度は来てくれませんでした。

 

曰く、ポスターは目つきが悪くなっていくし、トイレの帰りに足音に追いかけられるという理由で。

 

しかし私たち家族は全く気にせず住んでいました。

 

変だな?と思ったのは一度だけ。

 

妹と部屋を交換して寝ていた時、夜中にけたたましくドアを叩かれました。

 

何があったのかと慌てるくらい激しかったのですが、起きてドアを開けると誰もいない。

 

眠かったのもあり、その時は何事もなかったかのように寝ました。

 

それほど鈍い私たち家族でしたが、その家を引っ越す時にさすがに青くなりました。

 

それは荷物をまとめている時の事です。

 

押入の荷物を出し終えた時、天井板が外れていることに気付きました。

 

何気なく覗くと、見えた柱は真っ黒でした。

 

それは火事の焼け跡そのままに、さらにはびっしりと御札が貼られてありました。

 

真偽は不明ですが、過去に火事で一家が亡くなったとか。

 

この時になってようやく、頻繁な物音やドアを叩かれた経験を恐ろしく感じました。

 

後々分かったことですが、父は見えていたらしいのです。

 

夜な夜な睨みつけてくるお婆さんの姿が・・・。

 

あまり気にしていなかったみたいですが。

 

私はそれまでは、父の部屋の窓ガラスの手形は酔って付けたんだと思っていました。

 

今、あの家にもう一度住めと言われても、もう無理です。

 

ちなみに、まだその家はあります。

 

新しい人も住んでいます。

 

それも結構長く住んでいるようです。

 

入居して3ヶ月以上住み続けた人がいないというのは単なる噂でしたが、何かある家なのは間違いないと思います。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “幽霊屋敷に住んでいた時の話”

  1. 匿名 より:

    商売繁盛どころじゃないは草

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ