追いかけてくる兄弟二人

練馬にある高層マンション群で、

10年くらい前にあった出来事。

 

ある学生が夜遊びをして、

深夜に家へ帰ってきた。

 

彼の自宅は上の方の階。

 

エレベーターに乗った。

 

そのマンションのエレベーターは、

防犯のために窓ガラスの付いているタイプ。

 

各階のエレベーターホールが見える。

 

学生が何気なく

窓から外を眺めていると、

 

2階のエレベーターホールの端に、

 

子供が二人立っているのが

目に入った。

 

兄弟のような雰囲気で、

背の高い子と小さい子の二人。

 

手を繋いでいる。

 

そんな子供の兄弟が、

 

薄暗いエレベーターホールの端に

立っているのだ。

 

こんな時間に

何をしているのだろう?

 

疑問に持つ間もなく、

エレベーターは2階を通りすぎる。

 

2階の天井と3階の床で

一瞬、視界が途切れて、

 

3階のエレベーターホールが

見え始める。

 

あっ。

 

思わず声が上がった。

 

さっき2階にいたはずの兄弟が、

ここにもいるのだ。

 

さっきと同じように手を繋いで、

エレベーターホールの薄暗い隅に。

 

いくらなんでも、

 

子供二人がエレベーターを追い越して、

階段を登って来れるわけがない。

 

さっきと同じ子供なのか。

 

確かめる間もなく、

エレベーターは3階を通りすぎる。

 

3階の天井と4階の床で

一瞬、視界が途切れて、

 

5階のエレベーターホールが

見え始める。

 

いる。

 

やはり、

子供の兄弟が、

 

5階のエレベーターホールにも

いるのだ。

 

しかも、

 

さっきよりエレベーターに

近い位置にいる。

 

ホールが薄暗い上に、

下を向いていて、

 

その表情は見えない。

 

ただぼんやり立っているのだ。

 

まさか近づいてくるのか?

 

嫌な予感は6階を通過する時に

現実になった。

 

5階の時よりも、

 

少しエレベーターに近づくように

兄弟が立っている。

 

7階、8階、9階と、

 

子供たちは少しずつエレベーターに

近づいてくる。

 

すでに学生はエレベーターの

小窓から避けるように、

 

エレベーターの奥へと

後ずさりをしていた。

 

エレベーターが止まるのは14階。

 

それまでに消えてくれ!

 

だが、子供たちは確実に、

エレベーターに近づいている。

 

12階。

 

子供たちはもう、

扉の前に立っていた。

 

俯いたまま。

 

13階。

 

悲鳴を上げた。

 

子供の兄弟が、

 

小窓にぴったりと顔をくっ付けて

中を覗き込んでいるのだ。

 

じっとこちらを、

 

その精気の無い目が

追いかけてくる。

 

エレベーターの上昇に合わせて・・・。

 

学生は思わず気絶した。

 

気が付くとエレベーターは

14階に止まっていて、

 

倒れた彼の身体が挟まった

自動扉が、

 

バンッ!バンッ!と

開閉を繰り返していた。

 

それ以来、

彼は夜遊びをしなくなった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ