藤原君の家へ初めて遊びに行った

 

クラスメイトの藤原君は、

ヤバイくらいおかしい。

 

それが当たり前になってきた

冬のある日、

 

学校帰りに藤原君の家に

初めて遊びに行った。

 

藤原君の家は駅から徒歩30分、

目の前が神社、

 

裏手が作業中に死人が出て

潰れた廃工場という、

 

立地条件最悪なアパートで、

16の時から一人暮らしをしているらしい。

 

理由は教えてくれないが、

 

藤原君から家族の話を

聞いたことがないのからして、

 

16から一人暮らしをする裏には、

なにやら複雑な事情がありそうだ。

 

そんな余計な詮索をしつつ、

お邪魔した藤原君のお宅。

 

入った瞬間俺は、

 

「藤原君、よく生きてるね」

 

と言ってしまった。

 

何故なら藤原君の部屋は、

驚くほど悲惨だったからだ。

 

ペラペラになったせんべい布団と、

段ボールのテーブル。

 

やけに古い型の電話に、

何も入らなそうな小さい冷蔵庫。

 

着替えが入っているのであろう、

これまた小さなカラーボックス。

 

そして、

部屋の四隅に盛られた塩と、

 

玄関の戸棚に置かれた、

やたら立派な気持ち悪い日本人形。

 

いかにも藤原君らしいが、

 

彼が人間らしい生活が

出来ているのかは疑問だ。

 

しかし彼は構うことなく

俺を部屋に入れ、

 

「粗茶ですが」

 

などと上品ぶりながら、

炭酸の抜けたコーラを出してきた。

 

とりあえず俺はコーラを

有り難く頂きながら、

 

藤原君と会話を楽しんだ。

 

というか、

 

あまりにも物が無さすぎて、

他にすることがなかった。

 

そんな時、

不意にインターホンが鳴った。

 

『ピーンポォオォ~ン』

 

真の抜けた音が部屋に響く。

 

しかし、

藤原君は立ち上がらない。

 

「行かないの?」

 

声をかけるが、

藤原君は首を振る。 

 

「行きたきゃ行けよ。

僕は知らない」

 

それではあまりにも失礼だ。

 

宅配の人とかだったら

どうするんだよ。

 

ブツブツ文句を言いながら

僕は仕方なく立ち上がり、

 

除き穴を覗こうとした、

その時、

 

ドンドン!ドンドン!ドンドン!

ドンドン!ドンドン!ドンドン!

ドンドン!ドンドン!ドンドン!

 

激しくドアが叩かれた。

 

凹んでしまうくらいに強く。

 

「藤原君!

ちょ、これ、何!」

 

俺は藤原君に声を張り上げた。

 

しかし藤原君はあくびをしながら、

 

「君は本当にビビりだな。

 

ユーレイとかじゃないから

安心しろよ。

 

生身のニンゲン」

 

それが逆に厄介だけどね、

と藤原君は笑った。

 

俺はどうしてよいのかわからず、

思わず覗き穴を見た。

 

好奇心もあったのかもしれない。

しかし即座に後悔した。

 

「うわあぁぁあぁっ!」

 

俺は叫びながら、

覗き穴から目を逸した。

 

覗き穴の向こうには、

ベコベコに凹んだバットと、

 

やたらでかいハサミ・・・

立ち枝切りハサミってやつだろうか、

 

それを持って立っている男がいた。

 

その顔はニタニタ笑っていて

ヨダレを垂らし、

 

迷彩柄のパーカーには

ヨダレの跡が染付いていた。

 

目は片方が真っ白くて、

もう片方は血走っていた。

 

(恐らく失明かなにかしたんだろう)

 

そして、

またドアに衝撃が走る。

 

グギャッとか、

ベコッとか嫌な音がする。

 

俺は半泣きになりながら、

藤原君にしがみついた。

 

「何あれ何あれ何あれ何あれ!

 

どうすんの!殺されるよ俺達!

警察は!?」 

 

「残念ながら、

 

僕は携帯も固定電話も

料金未納で止められてるんでね」

 

「あーもう死ねよ藤原君!

てゆうか死ぬよ!」

 

俺は本気で命の危険を感じていた。

 

まずあんな奴がいるのに、

どうやって外に出ろと言うのか。

 

そして、残念ながら

俺も携帯を家に忘れていた。

 

このままじゃ死ぬ。

 

本当にそう思った。

 

でも藤原君は

さして気にする様子もなく、

 

「いつものことだから気にするなよ。

朝にはいなくなってるから」

 

と言うと、

 

寒い寒いと呻きながら、

せんべい布団に入ってしまった。

 

どこまでおかしいんだろう、

この友人は。

 

相変わらずドアはベコベコ言ってる。

 

男もドアの向こうにいるのだ。

 

だけど藤原君は、

気にしないで寝てしまった。

 

怖くて外にはもちろん出られない。

 

となれば、

俺も寝るしかないではないか。

 

俺は藤原君の布団に

無理矢理入り込み、

 

狭いと言って蹴ってくる

藤原君を無視して、

 

恐怖に震えながら、

 

再び目を開けられることを

願って眠った。

 

目が覚めて朝になると

音はもうせず、

 

覗き穴の向こうにも、

誰もいなくなっていた。

 

藤原君はボサボサの髪を

ぼりぼり掻きながら、

 

「な?ユーレイなんかより

ニンゲンのが怖いだろ?」

 

と笑った。

 

俺は、

 

ユーレイなんかより、

ニンゲンなんかより、

 

あの気が狂いそうな日常を、

まともに生きてる藤原君が怖かった。

 

とりあえず、

二度と泊まりには行かない。

 

(終)

シリーズ続編→バレンタインへ

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ