集まるもの

 

ある日のこと。

 

親父が早朝から、

神様に祈っていた。

 

これは決まって、

 

昨日の夜に怖いことがあった時の

お決まりのパターン。

 

幽霊を見える人が慣れるとか

普通に見えると言うが、

 

親父は、

 

「その気持ちはよくわからん」

 

と言っていた。

 

「気分は悪くなるし、

突然出てくるとやっぱり怖い」

 

と言っていた。

 

親父は怖がりだったのかも

知れない。

 

親父の早朝お祈りも

3日目に突入すると、

 

母も俺も流石に

心配になってくる。

 

おそらく親父は一睡も

出来ていないと思うし、

 

俺たちにも聞こえるほどの

強烈なラップ音が鳴り響く。

 

その日は土曜で休みだったので

親父に、

 

「どんな霊が来ているの?」

 

と聞いてみた。

 

俺に出来ることなど何一つないが、

 

なんとか親父を楽にしてあげたい

という気持ちだけはあった。

 

親父いわく、

 

「ドア一枚分くらいの大きさの

顔をした女の霊が、

 

部屋の前のドアまで

毎日来ている」

 

とのこと。

 

「おそらく最近死んだ人間だと思う」

 

と言っていた。

 

それは、

ドアの前まで顔だけで現れ、

 

陽が昇るまで母を侮辱する言葉を

吐き続けるらしいのだ。

 

親父は、

 

狙われているのが母かも知れないので

無視して寝るわけにもいかず、

 

部屋に入らぬように

見ているのだという。

 

次の日は日曜だったので、

 

親父の提案で礼拝堂の隅に

布団を敷いて、

 

3人で寝ることになった。

 

俺も母も、

 

今夜なんらかの決着を

つけるつもりなのだ、

 

ということを実感していた。

 

いきなりこんな天井の高いところで

寝ろと言われても流石に寝れず、

 

布団の中で目を瞑っていると、

 

教会のドアをキンキンと

叩く音がした。

 

ドンドンでもカンカンでもなく、

キンキンだった。

 

その音は木琴の高い音のような、

 

金属ではないキンキンという擬音が

ぴったりくる音だった。

 

キンキンは少しづつ間隔が狭くなり、

キンキンキンキンと連続した音になった。

 

俺は怖くて布団の中で

目を瞑っていた。

 

隣の布団から、

母が手を伸ばしてきた。

 

母も怖かったのか、

俺を守ろうとしたのか・・・

 

俺は年がいもなく、

母の手を強く握り返した。

 

その瞬間、

 

握り返した手に温度を

感じないと思った瞬間!

 

30メートルくらい引っ張られた

感覚に襲われた!

 

『騙された』

 

という、

 

なんともいえない感情が

頭の中を回った。

 

正直、

死んだと思った。

 

その時、

親父が吼えた。

 

吠えたとも言える。

 

人の怒号ではなかった。

 

獣のような謎の怒号だった。

 

俺は布団の中で、

 

片手を上げた状態で

金縛りになっていた。

 

母が頭まで被っていた

俺の布団をはいだ瞬間、

 

天井に・・・

 

感覚的に女だと思われる、

畳2枚分ほど巨大な顔があった。

 

怒りと憎悪にまみれた

嫌な感覚の塊だったと、

 

今でも思い出す。

 

夜が明けて、

 

親父に昨日のは何だったのか

聞いてみた。

 

「最近死んだ女を中心に、

 

100を越えるものが集まると

ああなるのだと思う」

 

と言っていた。

 

「今は目的があるが、

 

そのうち溶け込んで、

ただの悪意の塊になってしまう。

 

ああなると、

神の傍にはいけないな」

 

と、ぶつぶつ説明してくれた。

 

俺としては今夜のことが

心配だったのだが、

 

親父は、

 

「昨日が最後だから心配ない」

 

と言っていた。

 

根拠は教えてはくれなかった。

 

次の日、

親父は夜まで寝ていた。

 

夜ご飯時に、

 

外国人の女性が死体で見つかったという

ニュースがやっていた。

 

その時、

やっと起きてきた親父が、

 

「これだったのかな?」

 

と呟いた。

 

それで教会に来たわけ?

と思ったが、

 

もううんざりだったので

口には出さなかった。

 

追記

わかりやすく神父と書いていますが、

実際には司祭というものになります。

 

基本的には未婚ですが、

 

別の宗教から転会したパターン

(簡単にいうと移動)なので、

 

妻帯でも問題はありません。

 

もともと東方典礼なので、

妻帯もOKかも知れません。

 

なぜ親父が神父の立場に

なれたかですが、

 

これは周りの人間からの支持が

大きかったと思います。

 

ここに書くことはないと思いますが、

ハッピーエンドも多かったので。

 

もう一つ、

僕は洗礼を受けていません。

 

ただ、

教会に来てくれる人は、

 

受けていると思っていた

かも知れません。

 

なぜ洗礼を受けていないかは、

いつか書ければいいなと思います。

 

(終)

シリーズ続編→子猫の里親

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ