見えてるくせに・・・

学校帰りの女子高生3人が、

人通りの多い道を歩いていた。

 

横断歩道に差し掛かり、

そのうちの一人が前を見ると、

 

横断歩道の向こう側に、

 

軍服を着た男性が

寂しそうな顔をして立っている。

 

テレビ局が近くにあるので、

エキストラか何かなのだろうと納得した。

 

しかし不思議なことに、

 

一緒に歩いている二人も

周りの人間も、

 

誰一人として彼の存在には

気づいていないようだ。

 

途端に怖くなった彼女は、

 

目を合わせないように

彼の前を通り過ぎようとした。

 

そして、すれ違う瞬間に、

彼はこう呟いた。

 

「見えてるくせに・・・」

 

検証

霊感のある人は普段から

こういう体験をしているであろう、

 

という想像に基づいた話。

 

その昔、

 

アイドルがこのような話をしていた

という報告もあるが、

 

元ネタを知る人はいない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ