地下鉄の車両庫には

某大都市の地下鉄車両庫は、

戦時中の防空壕だったそうだ。

 

洗車をしたり

整備をしたりする車両は、

 

この車両庫にもれなく

入っていくのだが、

 

そこで整備をしている

整備士によると、

 

たまに壁から白い手が

出てくるのだという。

 

それも1本や2本ではない。

 

無数の手が出てきて、

ノイローゼになった整備士もいるとか。

 

ここから一番近い駅の仮眠室では、

駅員が仮眠していると、

 

やはり壁から白い手が

出てくるのだという。

 

地下鉄と防空壕。

 

どちらも「隠れる」ようにして

存在している物同士。

 

やはり、いわくつきの場所には、

いわくつきの話が存在するのである。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ