地下鉄の車両庫には

某大都市の地下鉄車両庫は、

戦時中の防空壕だったそうだ。

 

洗車をしたり

整備をしたりする車両は、

 

この車両庫にもれなく

入っていくのだが、

 

そこで整備をしている

整備士によると、

 

たまに壁から白い手が

出てくるのだという。

 

それも1本や2本ではない。

 

無数の手が出てきて、

ノイローゼになった整備士もいるとか。

 

ここから一番近い駅の仮眠室では、

駅員が仮眠していると、

 

やはり壁から白い手が

出てくるのだという。

 

地下鉄と防空壕。

 

どちらも「隠れる」ようにして

存在している物同士。

 

やはり、いわくつきの場所には、

いわくつきの話が存在するのである。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ