幽霊よりも生きた人間の方が恐ろしい

空襲

 

俺が小学生の頃に聞いた、先生の体験談。

 

地元では有名な事件だ。

 

1945年の7月某日、傷病兵や動員された学徒など1000人以上で満員だった列車が米軍艦載機の攻撃を受けた。

 

調べると、艦載機40機による、30分に渡っての凄まじい無差別攻撃だったようだ。

 

赤十字の付いた傷病者の車両も攻撃された。

 

話してくれたのは家庭科の老先生。

 

当時、小学校に上がる前のことだったという。

スポンサーリンク

先生が生き残ったのは奇跡的だった

なんでも、走行中の列車に突然上空から戦闘機がたくさん飛来し、機関銃(おそらく12.7mm機銃で撃ちまくられた。

 

列車の中はパニックになり、列車が止まると他の乗客と同じく、先生は両親ともに車外へ逃げた。

 

そこへ、艦載機の攻撃が再び来たという。

 

逃げまどう人々に、容赦なくあびせられる弾丸。

 

機関銃の放った弾丸が、きれいな間隔で地面に土煙を上げていた。

 

ネットで見たことがあるが、12.7mmの弾丸で撃たれると、1発でも人間の体は真っ二つに千切れ飛んでしまう。

 

「地獄だった」

 

そう先生は言っていた。

 

わかる。

 

そんな弾丸が雨のように降ってきたらどうなることか・・・。

 

そして、先生が生き残ったのは奇跡的だった。

 

両親とはぐれた先生が懸命に捜そうとして走ろうとした時、誰かが足を掴んだ。

 

おそらく、撃たれてのたうち回った者が反射的に掴んだのだろう。

 

その拍子に先生は転んだ。

 

その時、「ドドドドドドドドドドドドド」と音を立てて目の前に土煙が並んだ。

 

そう、転んでいなかったらミンチになるところだったのだ。

 

だが、先生のご両親はその銃撃の犠牲となったという。

 

夏になるとこの話を思い出す。

 

俺が「幽霊よりも生きた人間の方が恐ろしい」と感じるのは、多分この話が頭の中にこびりついているからかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ