ロッカーの後ろに隠されていた押入れ

押入れ

 

身バレするかもしれないので詳しくは書けないが、俺は学生時代、某長寿TV番組に『開かずの扉を開ける』という企画で出演したことがある。

 

これは、その時の話。

 

その寮はわりと年代もので、俺らの代で廃寮になることが決まっていた。

 

そこには寮生の私物を入れる大きなロッカーが置いてある部屋があり、ある日、ロッカーの後ろに押入れがあることに気づいた者がいた

 

「ロッカーを動かしてみようか?」となったが、なにしろ大きくて重たいので、「せっかくだから有名な某番組に投稿しようぜ!」となった。

 

それが採用され、その年の5月にタレントがやって来た。

スポンサーリンク

集団は闇が潜みやすい

最後の寮生である俺と他二人が立ち会いの元、ロッカーを退け、押入れを開ける・・・。

 

そこには、大量の『朝●日報』があった。

 

それと木製バット。

 

●鮮日報はほとんどが綺麗に折り畳まれていたが、ドス黒い血のようなシミが大量に付着しており、グチャグチャにされたものも大量にあった。

 

それらを取り出してさらに捜索すると、押入れの壁は落書きだらけなことに気づいた。

 

大半は日本語だったが、ハングルやよく分からない文字もあった。

 

また、御札も貼られてあった。

 

結局TVの放送では、ボロっちい寮で暮らす生活を面白おかしく取り上げられ、開かずの扉のシーンについては無難そうな顕微鏡と謎の皿を映しただけで終わった。

 

ちなみに、押入れから取り出した物は、全てカメラマンさんやタレントさんが戻してくれ、ロッカーも元通りにしてくれた。

 

そういった雑用はADさんの仕事だと思っていたので、タレントさん自らやるのには少し驚いた。

 

ここは本当に古い寮で、トイレの側には『学生闘争時代のポスター(1979年×月×日、○○が死んだ!彼の遺志を継げ!のような物騒な内容)』が未だに貼ってあり、いかにも・・・とは思っていたが、やはり血のシミが付いた朝●日報や凶器のようなバットには血の気が引いた。

 

またその番組が放送された後、この寮の出身者と思われる占い師を自称する正気ではない女性が訪ねて来た。(男女混合寮)

 

そして現役寮生が席を外した間に、過去から現在までの『寮生名簿を持ち去る』という事件が起きた。

 

後日に返却はされたが、コピーされているかもしれない。

 

俺が在寮している時にはもう思想的な信念なんて何もなかったが、同じ大学や近所の大学では、未だに学生闘争を引きずって何やら活動している寮もあったようだ。

 

2000年(平成12年)を過ぎている頃だったにもかかわらず・・・。

 

俺自身は、実家が貧乏で仕送りに期待できない、でも一人暮らしがしたい、という軽い気持ちで寮に入ったが、集団というやつは何処にでも闇が潜みやすいのだろう、と思った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ