うちの愛犬と仲良しだった近所の柴犬

柴犬

 

これは5年程前、近所の柴犬が鎖を切っていなくなった話。

 

2~3日して、2キロほど離れた橋の近くで遺体が見つかった。

 

外傷などは見当たらなかったので、おそらく老衰で亡くなったと思う。

 

首輪には切った鎖の切れ端がぶら下がっていた。

 

その柴犬と亡きうちの愛犬は仲良しだったこともあり、飼い主のおばちゃんと「寂しいですね・・・」と話をしていた。

 

おばちゃんは今まで見たことがないくらい、悲しい顔の半笑いだった。

 

それから数日後、柴犬の小屋に全く同じ顔をした、全く同じ大きさの柴犬がいた。

 

「新しく飼ったんですか?」と聞いたら、違うらしい。

 

気づいたら小屋の中に居て、いくら追い払っても戻って来てしまうという。

 

あまりにしつこいのと、情が移ってきたのとで、もう放置しているとか。

 

柴犬にも色々な顔があるが、本当に瓜二つで、違うところと言えば性別くらい。

 

少し若くて、身体の毛は薄汚れていた。

 

その新しい柴犬は、まるで元からそこが自分の家だったように悠々と寛いでいた。

 

ここは田舎なので、野良犬の情報はみんなよく知っている。

 

でも、その犬は誰にも知られることなく、いきなり現れた。

 

結局、今でもおばちゃんに飼われているが、一体何者なんだろう。

 

ひそかに前から飼い犬の座を狙っていたのかもしれないが、おばちゃんを長い間悲しませない為の“何か”だと思いたい。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ