祖父が亡くなった時の不思議な話

縁側

 

もう20年程も前になるが、祖父が亡くなった時の話。

 

祖父は毎日午後2時に、散歩に行くのが習慣だった。

 

そんな祖父は、お昼ご飯を食べた後にいつも昼寝をしているので、それを起こすのが俺の夏休みの習慣だった。

 

しかしその日、いくら起こしても起きなくて、祖母と一緒にもう一度起こしに行くと、その時にはもう亡くなっていた。

 

その後、両親や祖母が葬儀場や警察に連絡したり、親戚や知り合いに連絡したりでバタバタしていた。

 

小学生だった俺は「線香を見てて」と言われ、祖父の遺体と一緒にみんなが帰って来るのを待っていた。

 

あまりに突然で、みんな気が動転していたのもあったが、気が付けば俺と祖父だけが家に放置されていた。

 

そうして日が暮れて辺りが薄暗くなった頃、外から子供の声で「○○、行くぞー!」と聞こえた。

 

もう亡くなった祖父の幼なじみの爺ちゃんがよくそうやって呼んでいたから覚えていたが、その『○○』というのは祖父が子供の頃のあだ名だった。

 

そして、部屋の中からバタバタバタ・・・と子供が走るような足音がした。

 

家の中には俺しか居ないし、そもそも過疎化の激しい地域なので近所に子供は俺だけだった。

 

家に帰ってきた両親や祖母にも聞いてみたが、やっぱり近所に子供は居ないという答えだった。

 

結局は「寝ぼけていたんだろう」ということにされた。

 

でも俺は、今でもはっきりと覚えている。

 

ちょうどお盆だったから、友達が祖父を迎えに来たのかなぁと思う。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ