霊に憑依された友人

影

 

小6の時、友人3人でスケートリンクに行った。

 

何周か滑って疲れたので、サイドのベンチにみんなで座った。

 

すると友人Aが突然、「ここ、どこですか?」と訊いてきた。

 

友人Bと私は「はあ?」となる。

 

さっきまでのタメ口とは違い、やたら丁寧な言葉遣い。

 

「はあ?何言ってんだよ。ふざけるなよ~」と、Bと私は笑ったが・・・。

スポンサーリンク

不思議な体験が突然始まる

笑いながら、ふと見上げた市営体育館の屋根の上に、2人の人影が私には見えた。

 

女の子ともう少し幼い男の子。

 

宙に浮いている。

 

「???」

 

私はそれまでそんなものを見たことがなかった。

 

気のせいだと思い、見えていることは口に出さなかった。

 

空を見上げている私に、「弟です」とAが言った。

 

言われた私はぶっ飛んだ。

 

私たちの中に弟がいる者はいない。

 

心臓がバクバクした。

 

こいつ、何かおかしい・・・。

 

Aは一体どうしちゃったんだ?

 

Bと私は顔を見合わせた。

 

その間もAは履いているスケート靴を見て、「これなんですか?こんなので滑るんですか?それに、ここも変わりましたね。この辺りには沼があったんですよ。向こうの方にはお墓が・・・」と。

 

ふ~ん、この辺は昔沼だったのかぁと聞きながらも、このままでは良いはずもなく、Bと私は恐る恐るAに尋ねた。

 

「あなたはどうしたら元の場所に帰ってくれますか?」

 

「もう少し周りを見てから」

 

Aはそう答えた。

 

どうしてよいのか分からず、再び氷の上を一周することにした。

 

もともと上手くなかったAだったが、何かに憑かれたAもあまり変わらなかったような気がする。

 

元のベンチに戻ってきて、「これで帰ってくれますか?」とAに尋ねると、「はい」と頷いてくれた。

 

が、いつまで経っても帰る様子がない。

 

また、Bと私は「どうしよう・・・」と顔を見合わせた。

 

「あの、なぜお帰りにならないのですか?」

 

顔を見合わせたBと私は、再びAに尋ねた。

 

するとAは、「いつもの通りに帰してください」と言う。

 

「えっ、いつもの通りって?」

 

私たちには何の事だか分からない。

 

そこで、「いつもどのようにして帰るのですか?」と訊いてみた。

 

「オシズマリです」

 

「は?オシズマリって?」

 

その時の私は、何かの本で読んだことがあったが深くは知らない。

 

この時のBと私は、憑かれたらしいままのAを彼の親元に連れ帰るしかないと思い始め、同時に覚悟もしていた。

 

が、その前にダメ元でAに訊いてみた。

 

「私たちは”いつもの通り”を知りません。あなたが自分の力で帰ることは出来ないのですか?」

 

ドキドキしながら返事を待った。

 

「やってみます」

 

Aが言った。

 

続けて、「私は白いご飯をお腹いっぱい食べたことがありません。帰る前に白いご飯を食べたい」と。

 

Bと私は、Aをリンク内の食堂に連れて行き、持っているお金を出し合ってカツ丼を頼んだ。

 

そして、出来上がってきたカツ丼をAの前に差し出した。

 

Aは目を丸くして、「ああ~いい匂い! 白いご飯がこんなにたくさん!」と大きな声で言う。

 

この時の私たちは周りの視線なんてもうどうでもよくて、ただひたすら「無事に帰ってくれ!本当のAに戻ってくれ!」の一心だった。

 

私は割り箸を割ってAに手渡した。

 

Aは箸を受け取って、ご飯だけを一口食べ、「おいしい!こんなにおいしいご飯を食べれるなんて!」と。

 

次に卵とご飯を一緒に食べて、「こんなにおいしものを食べたことがない!」・・・そう言った時だった。

 

フッとAが目を閉じた。

 

Aの周りの空気が変わったのが分かった。

 

閉じた目が開くと、いつものAの目だ。

 

「あれ?僕なんでカツ丼食べてるの?」

 

その一言に、Bと私の張り詰めていた気が抜けた。

 

その後、Aに色々と訊いてみた。

 

「さっきまでのこと覚えているか?」

「いいえ」

 

「では、どこにいたのか?」

「ふわふわとした気持ちのいいところ」

 

「”いつもの通り”とは?」

「時々、●●に行って降ろしている。そのことだろう」

 

「なぜ今出てきたのか?」

「分からない。何かの条件が重なったのだろう」

 

Aは私たちに質問されながら、残りのカツ丼を食べていた。

 

そして、「他人の食べかけを食べてるようで嬉しくない」と言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ