一度だけ体験した白黒の世界

住宅街

 

これは、まだ私が小さい頃の話。

 

私は鍵っ子で、学校帰りは一人が多かった。

 

ある日の学校の帰り道、いつもの細い道を歩いていると、不意に肩を叩かれた。

 

振り返ったが誰もおらず、頭の中には「?」が浮かんでいた。

 

気のせいで済まし、また家の方を見ると絶句した。

 

目に見えるもの全部が『白黒』だった。

 

私は一瞬で色盲になっていた。

スポンサーリンク

家にいた綺麗な女の人

訳が分からない私は、それでも驚きながらその風景を楽しんでいた。

 

白と黒の濃紺で出来た世界は、不思議で仕方なかった。

 

そのうち、変なことに気づく。

 

道には白黒の人が何人もいた。

 

子供も大人もいて、座っていたり立っていたりするのだが、一度も見たことがない人達ばかりだった。

 

着物姿の人もいるし、皆なんだか動きが遅い。

 

それに、少し透けているように見えた。

 

おかしなことばかりだな・・・と思いながら我が家に入ると、中にも人がいた。

 

泥棒!?と考えたが、その人は帰ってきた私を見て泣き始めてしまった。

 

歳は母くらい。

 

でも見たことがない綺麗な女の人だった。

 

泥棒なのに何だか初めて会った気がしなかったのもあって、とりあえず家に入ろうとした途端、女の人が手を突き出してきた。

 

「ダメだよダメだよ。見ちゃだめ」

 

何回もそう言われ、背後を示された。

 

意味が分からないまま振り返ると、後ろは色が付いた世界だった。

 

また振り戻って女の人を見ようとしたが、そこはもう白黒の世界ではなかった。

 

綺麗な女の人もいない。

 

それきり白黒の世界は見ていないが、一時的に色盲になったとしてもおかしな体験だった。(病状としては有り得ないらしい)

 

数十年後、自称霊感持ちの友人から、「家への道には霊がいる」という話を聞いた。

 

詳しく聞くと、白黒で見た人達とほぼ同じだった。

 

そして、我が家には綺麗な女の人、おそらく守護霊だろうというのがいることまで。

 

ここで軽い疑問が湧いた。

 

最初に肩を叩いて白黒の世界を見せたのは誰なのか?

 

あれから白黒の視界になったことはないので、分からないままでいいのかも知れないが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ