街灯に照らされたそれは骸骨だった

骸骨

 

これは3日前の話。

 

その日、俺の家がある市にかなりの雹(ひょう)が降った。

 

終電で仕事から帰って来た俺は、玄関の周りの雹を除ける作業をしていた。

 

すると、夜中で人気のない家の前の道の向こうから、誰かが歩いて来た。

 

しかし何かおかしい。

 

人にしてはやけに細いのだ。

 

痩せすぎている。

 

気になって見ていたが、街灯の下に照らされてはっきり見えたそれは『骸骨』だった。

 

怖くて家に逃げ込みたかったが、なぜか体が動かない。

 

骸骨は道の真ん中を、どんどんこちらへ歩いて来る。

 

しかしその骸骨、左の手を腰に添え、顔を真正面に向け、歩幅は広く背筋も伸び、すごく綺麗な姿勢だ。

 

イメージとしては、パリコレなどのランウェイを歩くモデルのよう。

 

骸骨は颯爽と俺の前を通り過ぎ、しばらく行った角を曲がって消えた。

 

骸骨が見えなくなると体が動くようになったので、急いでその角まで走って見に行ったが、既に姿はなかった。

 

実は、骸骨を見たのはこれで2回目だ。

 

最初はまだ小学生だった頃のこと。

 

夕方の公園で、小高い人工の丘の上でクネクネと動く骸骨がいた。

 

真っ赤な夕焼けの空の下で、両腕を変な角度に曲げたり、顔の周りで手をクルクルと回したりしていた。

 

後年にユーチューブでとあるPVを見て気付いたが、あれはヴォーギングをやっていたのだろう。

 

※ヴォーギング

腕を大きく動かしながら、雑誌の表紙のようにポーズを決めたりするのが特徴のダンス。

 

俺は、スタイリッシュな骸骨に縁があるのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ