遠泳実習を行う海岸に巨大なサメが

サメ

 

俺が通っている高校は体育系で、高校2年生の夏には『遠泳実習』という行事がある。

 

もちろん生徒にとっては苦痛極まりない行事で、毎年のように2年生になる生徒は愚痴をこぼしていた。

 

なにしろ、沖まで行って4~5時間も泳がなければいけないからだ。

 

体力の限界が来て溺れる生徒は毎年数人いる。

 

下手をすれば死ぬかもしれない。

スポンサーリンク

俺たちってツイてる!

そして俺たちも2年生になり、遠泳実習を行う季節がやって来た。

 

実習の日が近づくにつれ、みんなの溜め息が多くなってくる。

 

しかし、そんな俺たちに朗報が舞い込んできた。

 

毎年遠泳実習を行っている海岸に巨大なサメが出没した、とのことだ。

 

このニュースを聞き、生徒の誰もが『遠泳実習中止』という言葉が脳裏に過ぎった。

 

予想通り急遽、特別ホームルームが行われることになった。

 

教室で先生を待つ俺たち。

 

その間、「俺たちってツイてる!」、「サメ様ありがとう!」などの言葉が教室で飛び交っていた。

 

そして、先生がやって来た。

 

教室のドアを開け、静かにツカツカと歩き、教卓の前に立った。

 

みんなが先生の第一声であろう”今年の遠泳実習は中止です”という言葉を待ち、ゴクリと唾を飲んだ。

 

そして、先生は口を開いた。

 

「えー、今からサメの退治方法を教えます」

 

生徒の誰もが一斉に机ごとコケた。

 

その瞬間、教室は揺れていたに違いない。

 

俺はこの先、一生忘れないだろう。

 

先生のあの冷静な口調と、ドリフ並にみんなが一斉にズッコケた光景、そしてサメの退治方法を。

 

あとがき

ちなみに、授業で習ったサメの退治方法はこうだった。

 

サメというのは獲物に喰らい付く時、一度沈んでから物凄い勢いで水面に向かって泳ぎ、その勢いで獲物を下から押し上げるように齧(かぶ)り付くそうだ。

 

なので、「サメが下から来るその瞬間に、出っ張っている箇所をカウンターで殴れ」と言った。

 

本当に無茶苦茶なことを言う先生だった・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ