ハゲの木と呼ばれている木がある

山道

 

これは、後輩の話。

 

彼が大学のサークルで山歩きをしていた時のこと。

 

休憩中に腰を下ろしていると、「あーっ!」と叫ぶ、注意の声が後ろからかけられた。

 

何だ?と振り返ると、頭髪の上にピシャッと何か落ちてきた。

 

頭に手をやってみたところ、樹液か何かの汁のようだった。

 

タオルを出して拭いている彼の元へ、先輩が一人駆け寄ってくる。

 

間に合わなかったか、とでも言うような雰囲気・・・。

 

「ありゃ、仲間内で『ハゲの木』って呼ばれてる。あれが出す液を被ると、まず外れなくハゲるんだとさ」

 

先輩は何とも微妙な表情で、彼の顔を見つめた。

 

たぶん彼も、微妙な表情で先輩を見返したのだと思う。

 

場の空気が厭(いや)な感じに変わっていたらしい。

 

周りを見回したが、どれがハゲの木なのか、彼には全然わからなかったという。

 

彼は大学を卒業後、私と同じ会社に就職した。

 

二人で他社に出向くと、いつも彼の方が上司扱いされていた。

 

それは私が童顔な所為もあるだろうが、彼の見事な頭と、それにマッチした顔が一番の原因だったはずと固く信じている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ