お祭り好きの幽霊(前編)

久しぶりに会った同級生に誘われて、

旧友数人で近くの大きな花火大会に行った。

 

しかし、早速後悔。

そういう体質だと自覚してはいたのだが。

 

左腕が重い。

 

しがみ付いているのは浴衣を着た、

10代半ばの結構かわいい女の子。

 

ただし半透明。

いわゆる幽霊って奴だ。

 

俺は気がついていないフリをしているのだが、

「あれ美味しそう」だの「これかわいい」だの、

俺の腕を引っ張っては主張してくる。

 

そんな感じでしばらく屋台を覗いていたんだが、

俺が無反応なせいか、幽霊はスネ始めた。

 

幽霊

「あーあー、つまんない。

久しぶりに気がついてもらえてるかと思ったのに」

 

そう言って文字通り、腕にぶら下がりだす。

 

幽霊

「やっとお祭りに来れたのに、つまんない・・・」

 

寂しそうにうつむく幽霊。

俺の胸に湧き上がる罪悪感。

 

いやしかし、幽霊なんぞに気に入られても

楽しい事は何もない。

 

長年の数々の憑依体験から、

悪質な幽霊ほど誘惑が上手いと知っている。

 

幽霊

「私が生きてたら、これってデートみたいな感じだし、

キスぐらいしてあげてもいいのになー」

 

負けました・・・、俺。

 

幽霊の言葉に反応し、

思わずチラリと。

 

にんまり笑う幽霊と、

ばっちり目が合った。

 

幽霊

「次は金魚すくい、ノルマ20匹!」

 

離れて欲しければ楽しませろと脅された俺。

財布はガンガン軽くなっていく。

 

「おっしゃ、金魚は俺が全部すくってやるぜ!」

 

やけくそ気味に盛り上がる俺。

ワケがわからないなりに同調して騒いでくれる友人たち。

 

そうこうしていると、花火が上がり始めた。

 

幽霊

「花火見るの!

もっといい場所にダッシュで移動!!」

 

「この人ごみで走るのはさすがに危険だろ!

なるべくいいところへ移動するから、ちと待ってろ」

 

急ぐ姿を友達に笑われつつも、

何とか人の波を掻き分けて、

そこそこ見える場所へ移動した。

 

幽霊

「って、みーえーなーいー!!」

 

「痛っ!!」

 

小柄な幽霊に人垣はちと高かったらしい。

幽霊だから他の人の身体に被るし。

 

だからって足を蹴るな。

つま先をかかとで踏みにじるな。

 

「あーもー」

 

仕方なく一旦、人の少ないところへ移動。

不満げにこちらを睨みつける幽霊を、

小さい子供にするように抱き上げた。

 

幽霊

「!?っんな、や、ばっ!!」

 

「これなら俺の頭より高くなるから見えやすいだろうが」

 

幽霊

「えっ?・・・え、ああ、おー、そういうこと・・・」

 

俺の頭にしがみ付きつつ、

納得する幽霊。

 

傍から見ると、見えない何かを抱えている俺の姿は

怪しい事この上ないが、この際、仕方ない。

 

幽霊

「よーし、もー1回見に行きなさい。

今度は最前列!!!」

 

「無茶言うな」

 

調子のいい幽霊にややムカつきつつも、

俺も不思議と楽しいと感じ始めていた。

 

(続く)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ