お祭り好きの幽霊(後編)

そんなこんなで花火大会は終わり、

俺も友達と別れて帰宅した。幽霊連れで。

 

幽霊

「あー楽しかったぁ!」

 

「・・・楽しませたら離れるとか言ってなかったか?」

 

幽霊

「まだちょっと足りないもん」

 

意地の悪そうな笑顔で

こちらの顔を覗き込む幽霊。

 

「で、何すりゃいいわけ?」

 

幽霊

「うーんとねぇ・・・」

 

わずかに残されていた小遣いの使い道は、

アイスクリームとファミリー用の花火セット。

 

「・・・なぜ、花火を見た後で花火をしたがる・・・」

 

幽霊

「いいじゃない、やりたいんだもん」

 

ほらほらと急かされて、しぶしぶ河川敷の広場に向かい、

命じられるままに花火をする。

 

時々通りかかる人たちには、

深夜に1人でブツブツ言いながら花火をする

寂しい人に見えてるんだろうな・・・。

 

「ほら、これで最後だ」

 

派手目なのから使っていくと、

最後に残る線香花火の束。

うち1つを手に取り火をつけた。

 

それまでは手持ち花火を振り回せだの、

まとめて火をつけろだのと騒いでいた幽霊だったが、

 

どういう風の吹き回しか、

俺の隣におとなしくしゃがみこんだ。

 

2人で静かに小さくはじける花火を見つめる。

 

幽霊

「なんだかあっという間だったね」

 

ポツリとつぶやく幽霊。

 

「幽霊やってどのくらい?」

 

幽霊

「・・・今年が初めて」

 

嘘かホントかわからないが、

その横顔はとても寂しそうに見えた。

 

「そうか・・・。すまん」

 

幽霊

「信じたの?バカねー」

 

「くっ・・・」

 

コイツは絶対悪霊の素質がある。

 

ムカついたせいだろうか、

細い軸の先でチリチリとはじいてた小さな玉がぽとりと落ちた。

 

「おっと、じゃ次のに火をつけるぞ」

 

手元の花火に集中したその瞬間。

ふわりと幽霊が抱きついてきて。

 

「・・・な」

 

幽霊

「お礼・・・、かな」

 

頬に軽く押し付けられた唇は、

少し冷たく感じた。

 

幽霊

「じゃ、ね。バイバイ」

 

「おい、・・・」

 

背を向けて歩き出した幽霊は、

こちらを振り返ることなく、

空気に溶けるように滲んで消えた。

 

手に握ったままの火のついた線香花火は、

またもや燃え尽きる前にぽとりと落ちた。

 

(終)

 

・・・?

 

 

 

幽霊

「お宮の夏祭りに行こー」

 

「いやちょっと待て」

 

そろそろ晩夏にさしかかる頃、

西日の差し込む俺の部屋。

 

うだるような暑さにめげず、

昼寝をしていた俺。

 

暑さが急に和らいだと思ったら、

聞き覚えのある声が響いてきた。

 

慌てて飛び起き・・・、ようとしたものの、

幽霊が俺の腹に馬乗りに座り込んでいたので無理だったが。

 

幽霊

「お祭りだよ、お祭り!ほら、隣町のお宮祭り」

 

ワクワク顔ではしゃいでる幽霊。

 

「お祭りがあるのは知っている。

俺が聞きたいのはお前がここにいる理由だ」

 

幽霊

「お祭りイベントのあるところには、

私はいつでも現れるのよ!」

 

「答えになってない」

 

幽霊

「いいじゃない。あなたと一緒だと楽し・・・

我がまま放題できるから楽しいの、私が」

 

悪霊だ。

コイツは絶対悪霊だ。

 

まあ、今までの悪霊に比べれば、

比較的、嫌な感じがしないと言うか。

 

格好の餌食として目を付けられたかも知れないと、

思い至っても、ちょっと心が浮かれているのは確かだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “お祭り好きの幽霊(後編)”

  1. あおば より:

    ナニコレ?

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ