怖 73巻(全20話)

呪われた首なし地蔵の噂 2/2

前回までの話はこちら なんとか森を出ると、10人以上いたメンバーが6人しかいないことに気付いた。   Kや、セミの兄さんもいなかった。   「どうしよう。僕はもうあの森には絶対に入らないし、でも母ちゃ・・・

呪われた首なし地蔵の噂 1/2

  小学生の頃、近所の公園で毎日遊んでくれたお兄さんがいた。   その人は皆から「セミの兄さん」と呼ばれていて、一緒にサッカーをしたり虫獲りをしたり、どんな遊びにも付き合ってくれた。   僕・・・

七代に渡ってかけられた盲の呪い

  宮沢というところは昔、   丈の低い柳が一面に生い茂る 潅木(かんぼく)地帯であったという。   その昔、俺の村では、   春に農作業をする前に”野火入れ&#822・・・

地図から消されてしまった家

  昭和初期の古い一軒家の話。   実際に今でも世田谷に、 国の重要文化財としてあるらしい。   その一軒家に住む家柄は、 官僚家系のエリート。   家族は五人。   祖・・・

祖母が見た光の玉と大男

  祖母から聞いた話。   その日は勤め先のトラブルが原因で 帰宅時間がすっかり遅くなり、   足早に帰路を急いでいた。   灯火管制された町は暗く、 提灯の明かりだけが頼りだった・・・

津波にまつわる昔話

  これは、津波にまつわる昔話。   この話は私自身、   郷土の史書や怪談集から 同様の話を数多く発見したので、   一部では有名な話なのかも知れない。   また、無論・・・

夢の中の出来事のはずが

  これは全て俺の『夢』なんです。   学校の帰り道にA子が刺される夢・・・   話は5年前に遡(さかのぼ)るんだけど、 その夢の始まりはこうだった。 スポンサーリンク 俺は今・・・ A子が・・・

サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ