原付泥棒の恐怖体験

高校生の頃、友達と2人で

スクーターを盗みに行った時の話。

 

深夜3~4時頃、駅の駐輪場を一巡後、

その中で綺麗な本田のDIOを見つけた。

 

周りの気配を確認してから、

スクーターのカバーを2人で外し始めると、

「ブン、ブン、ブ~ン」って、

口でバイク音を真似てる声が後ろから聞こえてきた。

 

2人同時に振り返ったら、

どう見ても4、5才ぐらいの子供が、

2メートルくらい離れたところのスクーターに乗って

アクセル吹かす真似していた。

 

「ぼ~ずどうした?」と話しかけても

こっち振り向かずに、ず~っと

「ブン、ブン、ブ~ン」って続けていて、

怖くなってスクーター盗むのやめてコンビニまで逃げた。

 

コンビニで肉まん食いながら、

「見たよな?」

「あ~見た」

的な会話もあり、

あれは、近所の夢遊病のガキだと言う結論で

無理やり納得することにした。

 

今でも当時の仲間と飲んだ時、

たまに話題になる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ