友達の誕生日に贈った花

この話を読むと、

呪われると言われています。

 

聞いたまま書きます。

 

その日、

 

俺は小さい時からの親友の

カズの誕生日に、

 

仲間数人とカズの家に

向かってたんだ。

 

途中でムーと合流したんだけど、

なぜかムーは花を持ってた。

 

誕生日に花を持って行くのは

普通だけど、

 

高校生の男が男友達の誕生日に

花はないだろう、

 

とか言いながら歩いてた。

 

その時は、

 

単純にウケ狙いかと

思ってたんだけど、

 

しきりにムーが、

 

「この花どうしたと思う?」

 

って聞いてきてたんだよ。

 

結局、何も言わないまま

カズの家に着いたんだけどね。

 

それで、

 

カズの部屋に入って、

おめでとうとか言いながら、

 

タバコをカートンであげたり、

 

好きだったグループの

CDをあげたりしてたら、

 

ムーが例の花を出したんだよ。

 

それを見た瞬間、

 

カズがムーに殴りかかるような

勢いで近づき、

 

花を取りあげ、

 

捨てようと窓を開けたら、

いたんだよ。

 

カズの部屋の窓の向こうには、

すぐマンションの壁があるんだけど、

 

その壁に、

 

手も足も変な方向に曲がって

壁にくっ付いてる女が。

 

壁にくっついてるんだけど、

 

首がグニャリと曲がった顔で、

ずっとこっちを見てた。

 

みんな、

固まって動けなかったんだ。

 

その女は動けない俺たちを見ながら、

 

ゆっくり窓にアゴを乗せて、

入って来ようとしてた。

 

その瞬間、

ムーが動いたんだ。

 

多分、

謝りながらだったと思う。

 

アゴが乗っかってる女を無視して、

窓を閉めた。

 

それからカーテンも閉めたところで、

 

全員がほんと同時に

その場に座り込んだ。

 

誰も口が聞けない中で、

カズがムーに聞いた。

 

「花、どこから持ってきた?」

 

・・・って。

 

ムーは、

 

「いや・・・実は、

 

来る途中に電柱のところに

あった花束を、

 

ウケると思って

持って来たんだ・・・」

 

って言ったんだよ。

 

まだ誰も動けない中で、

 

当然、花を元の場所に返さなければ

って話がついたんだけど、

 

一応、カーテンの外が

気になるよね。

 

カズがほんの少しだけ、

カーテンを開いたんだ。

 

顔がまだ残ってるんだよ。

 

窓をすり抜けて。

 

その瞬間、

全員が外に逃げた。

 

そのままムーに案内させて

花を返して、

 

みんなで電柱に向かって

謝ったんだ。

 

次の日、

ムーは死んだ。

 

事故だったみたい。

 

ムーが死んだ10日後、

一緒にいたノリが死んだ。

 

この話をしてくれた翌日に、

その人が死んだ。

 

今から3年前の話です。

 

この話を聞かせてくれて死んだのは、

俺の兄貴です。

 

カズ君はまだ生きています。

 

ですが、

 

引越ししたので、

どこにいるのか・・・。

 

それ以外の人も、

 

どうなってるのかは

分かりません。

 

その電柱の場所も、

原因も女も分かりません。

 

ただ今日、

 

いつものように兄貴の仏壇の前で

線香をあげていたら、

 

兄貴の写真に反射して

見えた窓から、

 

顔だけ出した女がいました。

 

すぐ振り返ったら

消えていましたが、

 

自分はこの後、

何かあるのでしょうか。

 

何か変わったことがあれば、

また伝えにきます。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ