家出から10年、音沙汰の無かった姉が突然

ボロボロの靴

 

ここ10年の間、

家出して何の連絡もなかった姉が、

 

昨日の夜中に突然、

家に帰って来た。

 

その日、

両親は都合で居なかった為、

 

俺一人だった。

 

姉は何かに怯えているようで、

ガタガタと震えていた。

 

「絶対絶対一人にしないで!!

もう戻りたくない戻りたくない」

 

と俺にしがみつき、

パニック状態だった為、

 

家出当時のままの

二階の姉の部屋へ連れていき、

 

ベッドで横になってもらった。

 

とりあえず落ち着いてもらおうと、

 

「何か飲むもの持ってくるよ」

 

と言って、

俺は部屋を出ようとした。

 

すると姉は、

 

「行かないで行かないで!

怖い怖いよー!!」

 

俺が部屋を一歩出た瞬間にバタン!と、

勝手に姉の部屋のドアが閉まった。

 

そして、

部屋の中からは姉の叫び声。

 

「ギャッ!青い人が来る!

青い人が来る!青い人が来る!!」

 

ドアをやっと力ずくで開けると、

姉はこつ然と消えていた。

 

ベッドの下もクローゼットの中にも、

天井裏にも居ない。

 

玄関にはボロボロになった、

姉の靴だけが残されている。

 

夢ではない。

 

とにかく消えてしまったのだ・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ