私と祖父は神隠しに遭っていた!?

山

 

これは、山で体験した不可解な出来事の話。

 

私の祖父は、近くの山にわらびを採りに行くのを日課にしていた。

 

私も小さい頃は祖父と一緒に行ったりしていた。

 

事が起きた中学1年の夏休みも、祖父と一緒に山へ行った。

 

その山には、昔から『神隠しがある』という言い伝えがあった。

 

そんな山に入るのは、当時の私にとっては怖いよりもワクワクするものだった。

スポンサーリンク

丸一日が経っていた

その日、祖父といつものように奥へ奥へとわらびを求めて入って行った。(といっても、年に2回くらいしか私は行かなかったが)

 

祖父は慣れた様子でぐんぐん奥に入って行った。

 

私はだんだん怖くなってきた。

 

去年はこんなに奥へ行っただろうか?

 

私は祖父に「まだ奥に行くの?」と尋ねたら、祖父は「大丈夫」とだけ言った。

 

元々無口な祖父だけど、それでもその時はなんだかいつもより素っ気ない気がした。

 

私は少し不安になりながらも、祖父に付いて行った。

 

けれど、いくら歩いても祖父は止まることがなかった。

 

私もだんだん疲れてきて、祖父から離れそうになったり慌てて追いかけたりと、疲れては離れてを繰り返していた。

 

ただ、とにかく祖父から逸(はぐ)れないことで必死だった。

 

気が付くと、祖父も私も崖の上に立っていた。

 

祖父は崖に近づいていく。

 

私はハッとなって、必死で祖父を止めようとした。

 

けれど、祖父は考えられないくらい強い力で私を振り払おうとした。(祖父は小柄な方で力はあまり強くない)

 

私はとっさに持っていた水筒の冷たいお茶を、祖父に頭から思いっきりかけた。

 

そうしたら、祖父はハッとしたような顔で私を見た。

 

祖父はなぜそこにいるのか分からない様子で、初めて来た所だとも言った。

 

正気に戻った祖父と共に辺りを歩き回って、なんとか祖父が知っている場所まで行くことが出来た。

 

私たちはそのままわらびは採らずに祖父の家に帰った。

 

そしたら、母にかなりの剣幕で怒られて、その後すごく泣かれた。

 

なぜなら、私たちが山に入ってから丸一日が経っていたからだ。

 

けれど、私も祖父もせいぜい数時間程度だと思っていたから、それを聞いてすごく驚いた。

 

母は私たちがいなくなっている間、近所の人と共に、山とその周辺を探し回っていた。

 

だけど、どこにも見当たらなくて警察に連絡しようとしていたところに、私と祖父が帰って来たという。

 

山の言い伝えが本当だとしたら、私と祖父は神隠しに遭っていたのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ