夏休みの終わりの市民プールにて

市民プール

 

これは10年くらい前、

小学生の頃の夏休みのことでした。

 

僕と友人は毎日のように宿題もせず、

遊びまわっていました。

 

8月の終わり頃、

夏休みの宿題にも手をつけず、

 

僕らはいつものように公園で

アイスを食べていました。

 

そんな時に友達が、

 

「もう夏休みも終わるから

最後にプールへ行こうよ」

 

と言いました。

 

ただ漫然と夏休みが終わるのを

待っていた僕なので、

 

特に断る理由もなく、

 

二つ返事で2駅離れた市民プールへと

出かけて行きました。

 

その日は気温が40度近くにせまり、

まさに水遊び日和でした。

 

さぞプールも混んでいるのだろう

と思っていましたが、

 

意外にも人気がなく、

快適に遊んでいました。

 

30分くらい遊び、

 

休憩を取るためにプールサイドへ

上がった時のことです。

 

何気なく、

水上滑り台に目をやりました。

 

本当に無意識に。

 

市民プールの滑り台なので、

高さは5~6メートルくらいです。

 

その滑り台の頂上を見ていると、

友達がぽつりと言いました。

 

「あの子、落ちちゃうよ」

 

「???」

 

よく見ると6歳くらいの少年が、

手すりの上に登ろうとしています。

 

監視員の目からも死角になっていて、

見えていない様です。

 

すると、友達が言ったように、

 

男の子は手すりに上がったと同時に

足を滑らせて落下しました。

 

ゴッツンでもグッシャでもない

人間が叩き付けられる鈍い音がして、

 

瞬く間に滑り台の下のプールは

赤茶色に染まっていきます。

 

この光景は今でも頭から離れません。

 

当然のように、

プールは大騒ぎになりました。

 

僅かな入場者もすぐに帰されました。

 

帰る道すがら友達に、

 

「どうしてわかったの?」

 

と聞いても、

なかなか口を開きません。

 

ただ「見えたんだ・・・」と一言、

言っただけです。

 

すぐさま「何が?」と聞き返すと、

 

「・・・あの男の子、

 

なんか血だらけの水着の女の人に

抱き憑かれていてさ、

 

手すりに引っ張り上げられていたんだ」

 

それきり友達も僕も、

無言で家に帰りました。

 

この血だらけの女性については、

何もわかりません。

 

そのプールで女性にまつわる事故が

あったとは聞いた事もありません。

 

ただ・・・

その最寄りの駅の踏み切りに、

 

前々から肉塊になった子供を抱いた

血まみれの女性が出るという噂はあります。

 

踏み切りに飛び込み自殺をした

親子の霊なのだそうですが、

 

関係があるのかどうかはわかりません。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “夏休みの終わりの市民プールにて”

  1. […] 【出典 怖話ノ館】http://kowabananoyakata.main.jp/kowaihanashi/fushiginahanashi/nazo-12/natuyasuminoowarinosiminnpu-runite/ […]

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ