公園の個室トイレで感じた気配と冷感

公衆トイレ

 

トイレでのお話です。

 

トイレには『出る』という

お話がつきものですが、

 

トイレというのは言うまでもなく、

 

食べ物を消化吸収した後のカスを

排泄する場所です。

 

ほとんどの方が毎日の生活の中で、

 

魚や鳥や牛、

豚などの肉を食している事を思えば、

 

考えようによってはトイレというのは

我々に喰われた、

 

それら動物の『成れの果て』の

行き着くところかも知れません。

 

仕事からの帰り、

 

僕はいつものように自宅マンションの

向かいにある、

 

大きな公園のトイレに入りました。

 

和式の便器にまたがり用を足していると、

後頭部の方から強烈な視線を感じましたが、

 

そんな事は勘違いも含めれば

日常いくらでもある事です。

 

「また変なのが寄って来てるな・・・」

 

と思いながら

構わずにしゃがんでいると、

 

今度は背中越しにハッキリと、

何者かの気配を感じたのです。

 

どれくらいその気配が

感じ取れるのかと言えば、

 

始めは少し後方に立っていたそいつが、

 

少しずつ僕の背中に近づいて来るのが

リアルに感じ取れるのです。

 

それは例えるなら・・・

 

凄く細かい粒子の水気を含んだ

冷たい気体の塊が、

 

僕の後方で動いている感じです。

 

時期は夏の真っ盛りで、

 

基本的には蒸し暑い空気の中で

それが動きますから、

 

視覚で捉えていなくても、

その存在はハッキリと確認出来ました。

 

トイレという狭い空間の中で、

 

しかもパンツを下ろした無防備な体勢で

背後から迫られた時の危機感は、

 

ある種の諦めざるを得ないものがあり、

グッと歯を食いしばり、

 

気持ちだけは確かに持とうと

開き直りました。

 

その瞬間、

 

スーッっと冷たい空気が

僕の背中に近づきました。

 

「おぶさってくる・・・」

 

そう感じた僕の身体は、

全身が硬直しました。

 

「冷やっ・・・」

 

僕の両方の肩にワイシャツを通して

冷たいものが乗っかり、

 

やがて、ペタペタペタペタ・・・

 

背中全体に冷たい粘着性のものが

張り付いて来ました。

 

「ん~っ・・フーッ、フーッ」

 

と、僕は知らない人が聞いたら、

まるで興奮しいるような鼻息を出しながら、

 

理性を失わないように堪えました。

 

一度動作を早くしてしまった瞬間に

恐怖が増大してしまいそうで、

 

僕はゆっくりゆっくり紙を巻き取り、

 

お尻を拭く一連の所作を

普段と同様に行う事で、

 

なるべく冷静を保つように努力しました。

 

その間、

僕の腕が動くのも構わず、

 

そいつの手は両方の肩に

しっかり掴まったままで、

 

立ち上がってズボンを上げ、

ベルトを締めている間も、

 

それは同様でした。

 

ザーッと水を流すまでは

何とか気を確かに保ち、

 

トイレのドアに手をかけたと同時に

僕の肩に乗った手が、

 

ググッと力を込めました。

 

「うわっ!!」

 

トイレを飛び出した僕の脚は、

 

長い時間しゃがんでいたので

すっかりしびれてしまっていて、

 

第一歩を着いた瞬間に捻ってしまい、

 

前のめりになった僕は

目の前の壁に突き当たりました。

 

が、一刻も早く外に出たかったので、

 

そのまま這うように転がるように

トイレの建物から出ました。

 

こんな時の僕の悪い癖で、

 

気持ちが少し落ち着いた後で

また中に入ってみようかな・・・

 

とも思いましたが、

この時はそのままその場を去りました。

 

僕の周囲に現れたという事は、

それは人間同士の付き合いで言えば、

 

『これも何かの縁』

 

ではないのかなとも思います。

 

人間同士だって、

良い人もいれば恐い人もいますからね・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ