白骨化したカモシカの訴え

カモシカ

 

夜の山小屋という場所は、

 

誰もいないのに何故かいつも、

小屋の外を人が歩いている音がする。

 

でも大抵は何も無いので、

音は風のせいにして無視していた。

 

今でも音は気にしないと思うけれど、

一度だけ妙な体験をした。

 

学生時代は時々山に一人で行っては、

小屋に泊まったりしていた。

 

いつだか休講が続いたから、

平日に山へ行った。

 

たまたまなのか、

平日だからなのか、

 

小屋には他の登山客はいなくて、

山小屋に一人で泊まることになった。

 

夜に飯を食ったあと、

 

ゴロゴロしながら本や小屋に置いてある

連絡ノートを読んでいると、

 

不意に引き戸が開くゴロゴロとした音が、

入り口の方から聞こえた。

 

山小屋のドアは、

入り口と風除室があるために、

 

俺の寝ているところからは

何も見えない。

 

9時かそのくらいだったかで、

誰かが入ってくるわけもなく。

 

それに、突風が吹けば、

 

そのくらいの音はしても

おかしくはないと思い、

 

特に気にはしないようにしていた。

 

その夜、

 

一人で寝ていたため

聴覚が過敏になったのか、

 

いつもより鮮明に、

何かが外で蠢(うごめ)く音が聞こえた。

 

俺に霊感は無いけれど、

 

意外と一人で山小屋に泊まるのは

怖いもんだなと思った。

 

翌朝、小屋を出ると、

一つ目の戸が開いていた。

 

昨夜に何かがいたのは

間違いなさそうだけれど、

 

そのまま謎にしておくと怖いので、

心霊現象以外の原因を探ろうとした。

 

そこで、

 

小屋のまわりを散策していると、

何かの骨が草むらから出ていた。

 

草をかき分けると、

カモシカの白骨化した死骸が出てきた。

 

気味が悪かった。

 

しかしこのカモシカ、

俺に何か訴えたかったのだろうか?

 

土に埋めればよいのか?

 

角を掴んで頭蓋骨を持ち上げ、

カモシカの顔を見ながら考えた。

 

しかし、

 

動物には死んで土に埋めるという

概念など無いに違いない。

 

ならば、昨晩のカモシカの訴えは、

生への執着だろう。

 

「もしそうなら、

運の良いカモシカだな」

 

と思った。

 

俺は理工学部だったからだ。

 

そのカモシカの頭蓋骨を持ち帰り、

もう一度生き返らせることに決めた。

 

メカ・カモシカとして。

 

しかし、

 

カモシカの頭蓋骨に配線を通したり、

回路を組み込んだりする度に、

 

カモシカの角に手を引っ掛けて

怪我をしたり、

 

触れてもないのに台から転げ落ちたり

するようになってきた。

 

一度、台から落ちた頭蓋骨に、

腕を角で刺されたこともある。

 

このカモシカは、

 

俺に生き返らせてほしいのでは

ないのだろうか?

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ