物心つく前から家にいた謎のオッサン

部屋 アパート

 

俺がまだ小さい頃から、

我が家には引きこもりのオッサンがいた。

 

歳は50~60くらいの白髪頭で、

いつも家の中にいるが何もしない。

 

当時、爺ちゃんはちゃんと二人いたので、

祖父というわけでもないようだった。

 

しかも、親父とお袋は、

そのオッサンのことを“タカシ”と呼んでいて、

 

小さい子の面倒でも見るように接していた。

 

なので、

余計にオッサンが何者なのか謎だった。

スポンサーリンク

未だに真相は分からないが・・・

物心がついた時にはすでに家にいたタカシに、

 

さほど大きな疑問も持たないまま

俺は小6になった。

 

俺の通っていた小学校では、

卒業前に修学旅行があったのだが・・・

 

当時、俺の家は相当な貧乏だった。

 

贅沢をしているわけでもないし、

両親も共働きなのに、

 

それでも我が家は貧乏だった。

 

だから当然のように、

 

高いお金のかかる修学旅行の参加は

断念させられた。

 

残念だけど仕方ないと思っていた。

 

・・・しかし、

 

修学旅行に行けなかったというイライラは

どうしても消せなかったのだろう。

 

そして、あの事件が起きた。

 

クラスのみんなが修学旅行に行った為に、

俺は朝から家にいた。

 

両親は仕事に行ったので、

家には俺とタカシの二人きりだった。

 

お袋にたくさんの家事を言いつけられ

仕方なくやっていた俺は、

 

(なんで旅行にも行けなかったのに、

こんなことまでやらなくちゃいけないんだ!)

 

と反抗期なのかイライラが止まらなかった。

 

・・・そんな中、

 

事件の引き金となる「ハハハハハ」という、

タカシの笑い声が聞こえてきた。

 

俺は自分の家の貧乏さに嘆きながら

洗濯物を干しているのに、

 

タカシは呑気にテレビを見ては

笑っているようだった。

 

“プチン”と、

自分の中で何かが切れたのを覚えている。

 

気付けば俺はタカシの前に立ち、

大声で叫んでいた。

 

「何がハハハハだよ!

ふざけんなよ!

 

お前、なに呑気にテレビ見て笑ってんだよ!

何もしないでテレビばっか見やがって!

 

金くらい稼いで来いよ!」

 

言い終わった時、

物凄くスッキリした気がする。

 

でもそれ以上に俺は後悔していた。

 

(ろくに喋ったこともない相手に言い過ぎた・・・

謝ろう・・・)

 

と口を開いたその時、

 

「あ゛あ~~!わ゛ぁ~~あ゛あ~!」

 

突然、タカシが大声で奇声を発した。

 

いきなりのことにかなりビビった俺は、

呆気にとられる。

 

するとタカシは突如立ち上がり、

奇声を発したまま家を飛び出していった。

 

俺は両親が帰宅するまでの間、

ただただ絶句していた。

 

が、その後は淡々としていた。

 

帰宅した両親に

タカシが出て行ったことを告げたら、

 

二人とも少し驚いたみたいだけれど、

「もう寝なさい」と言った。

 

仕方ないから布団に入ったけれど、

なかなか寝つけなかった。

 

次の日、それ以降も、

 

両親の口からタカシのことが

語られることはなかった。

 

だから俺も“禁句”なのかと、

未だに何も訊けないでいる。

 

ずっと家にいたオッサンがいなくなったのに、

我が家はいつもの日常が続いた。

 

ただ、少しだけ変わったことがある。

 

どん底の貧乏だった我が家が、

なぜか裕福になったのだ。

 

タカシが飛び出してからは、

お袋も専業主婦になった。

 

俺は中学校では修学旅行を楽しんだ。

 

なぜか我が家の幸せは鰻登りだった。

 

タカシがいなくなって随分経つが、

今でも俺は時々考える。

 

タカシは一体何者だったんだろう?

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ