悪ガキ仲間たちの「探検ごっこ」にて

屋敷

 

30年以上も昔の話です。

 

場所は東京都の近郊。

 

とても怖くて悲しい思い出です。

 

僕は小学校低学年の頃、近所の悪ガキ仲間たちと『探検ごっこ』をしていました。

 

僕と従弟、それに隣の悪ガキと近所の悪ガキの4人であちこち行きました。

 

まだ埋められていない防空壕の跡や川原の茂み、大きな公園の奥の森の中。

 

子供の僕たちには広大な未知の空間でした。

 

お約束のエロ本なども落ちていて、まさに冒険でした。

 

公園のそばに古い民家(廃屋)があり、わりと大きな屋敷でした。

 

「夏休みにソコを探検しよう!」ということになりましたが、その時に隣の悪ガキが家族旅行で不在だったので3人で探検することに。

スポンサーリンク

3人のうち1人が帰らぬ人に・・・

屋敷の門は鎖で閉じられ“立ち入り禁止”と書かれていたので、生垣の隙間から潜り込みました。

 

生垣で囲われた庭は背丈を超える雑草で覆われ、鬱蒼(うっそう)とした感じ。

 

建物は一部が崩壊していて、今にも朽ち果てる寸前でした。

 

家の周囲をひと回りすると雨戸が外れている場所があり、そこから屋敷の中へ入りました。

 

カビ臭い室内。

 

腐った畳は底が抜けそうな程で、ゴミも散乱していました。

 

タンスがあったので何気なく開けて見たりしていると、奥の部屋からなにやら物音が・・・。

 

(ふすま)を開けると、中年の女性が座っていました。

 

その女性は汚れきったグレーの浴衣姿で、恐ろしい顔をしてこちらを睨んでいました。

 

敷かれた布団の上に座り、青白い顔で僕たちを睨み続けています。

 

僕は何故か、“殺される・・・”と思いました。

 

僕たちは「スイマセン!」と叫び、慌てて逃げ出しました。

 

表へ出ると、いつの間にか外は真っ暗に。

 

僕たちは各々一目散に家へ帰りました。

 

そして不思議な事に、探検に出発したのは昼飯を食べたすぐ後で、探検していたのはせいぜい十分くらい。

 

ところが、家に帰ると夜の八時を回っていました。

 

僕はたっぷり叱られました。

 

しばらくすると近所の悪ガキのお母さんが来て、「うちの子供が行方不明なのよ。知らないかしら?」と話しているのが聞こえました。

 

僕と従弟が事情を話すと、親たちは廃墟の屋敷へ捜しに行きました。

 

しかし、その屋敷には誰もおらず、その子も見つからないまま翌日になりました。

 

朝になってから警官がうちへ来て、色々と事情を訊かれたりしました。

 

そしてその日の午後、公園の池に沈んでいるのが発見されました。

 

夏休みが終わる頃、廃墟の屋敷は取り壊されました。

 

僕たちがあの時に見た中年の女性は一体何者で、そもそも時間が急激に進んだ事も理解出来ていません。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ