寝室の隅にカラスの羽根が・・・

羽根

 

初めて一人暮らしをした部屋で起きた怖い話。

 

私は、大学に入学と同時に一人暮らしを始めた。

 

帰っても誰も居ないのは想像していたよりも本当に寂しく、昼間は大学に入りびたり、夜は遅くまで出掛けていた。

 

そのため、その部屋にはほとんど寝に帰るだけだったのだが、入居して1ヵ月ぐらい経った頃だろうか、奇妙なことが起こった。

 

寝室の隅に『カラスの羽根』が落ちていたのである。

スポンサーリンク

すぐにその部屋を出ることを決めた

たしかに、そのマンションの近くでカラスは多く見かけたが、寝室の窓は閉まっている上に、鍵も掛かっている。

 

少し疑問に思ったが、その時は大して気にもせずに羽根を捨てた。

 

しかし、それから私は何度も寝室でカラスの羽根を見つけることになる。

 

羽根は不定期に落ちていた。

 

それは小さな羽毛であることもあるし、大きくしっかりとした羽根であることもあった。

 

気味が悪いことに、血と肉のようなものが付いている時もあった。

 

しかも、徐々に落ちている頻度が増えているように思えた。

 

二度三度ならまだしも、週に1回のペースになってくると、夜に寝に帰っているだけとはいえ、さすがに不気味だった。

 

とはいえ、原因はさっぱり分からなかった。

 

そんな頃、大学が夏休みに入り、部屋で課題をすることが多くなった。

 

すると、カラスの羽根が落ちていることも不思議となくなった。

 

それで私は、やっぱり窓を閉め忘れていたのだろうと思うようになり、羽根のことを大して気にしなくなった。

 

夏休みも終わりに近づいたある日、無事に終わった課題を大学まで提出しに行こうと家を出た後、忘れ物に気付き、マンション前まで戻った。

 

「ギャア!!」というような高い声が空から聞こえ、上を見上げると、自分の寝室の窓が開いている。

 

出る前に間違いなく鍵を掛けた窓である。

 

そして、その窓に向かって、まさに今、カラスが飛び込もうとしていたのである。

 

いや、飛び込んで、という表現は正しくない。

 

カラスはむしろ、窓から逃げようとしている様だった。

 

しかし、何かの力により、無理やり連れ込まれようとしていたのである。

 

そして窓の中にカラスの身体が今にも入ろうかという瞬間に、人の手のようなものがカラスを掴み、すぐに部屋に引き込んだのだ。

 

そして静かに窓が閉まったのである。

 

頭が混乱した。

 

誰がどうやって入ったんだ?

 

どうやってカラスを捕まえているんだ?

 

私は急いで部屋に戻り、寝室の扉を開けると、いつも通りの部屋だった。

 

カラスの羽根は落ちていなかったが、微かに血のような匂いがした。

 

私はすぐにその部屋を出ることを決めた。

 

出てからすでに数年が経っている。

 

最近、そのマンションを見に行ったが、いつのまにか取り壊されてしまったようで、今は全く新しいビルに建て替わっていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ