念願の一人暮らしを始めたが・・・

照明

 

私は数年前に念願の一人暮らしを始めた。

 

ワンルームで窓はベランダに続くガラス戸のみだったけれど、日当たりも良いので気に入っていた。

 

そのガラス戸にカーテンを付けた時、カーテンの丈が5センチほど足りない事に気が付いた。

 

まあ仕方ないなと思い、それはそのままにしておいた。

 

入居から数ヶ月経ち、ご飯を食べている時や座椅子に座って本を読んでいる時、なんだかその5センチの隙間に目をやるのが癖になっていた。

スポンサーリンク

得体の知れない何か

その日も本を読んでいて何気なく隙間に目をやると、白い布がベランダに落ちていて、風になびいてヒラヒラしていた。

 

「あ、シャツが落ちてる!」と慌ててカーテンを開けると、洗濯物なんて一枚も干していなかったし、白い布も無かった。

 

今のは何だろう?と考えながら座椅子に戻ると、今度は電気が激しくチカチカと点滅し始めた。

 

私は途端に恐怖を感じ始め、急いで母の携帯に電話をした。

 

だけど、話し中だったり電波が届かなかったりで、なかなか繋がらない。

 

半泣きになりながら今度は家の電話の方にかけるが、それでもダメだった。

 

もしかして、得体の知れない何かと二人きり!?

 

どうしようもなく怖くて半狂乱になりそうな時、電気の点滅は収まり、それと同時に母の声が聞こえた。

 

泣き声の私に母は驚いていたけれど、事情を説明したら「大丈夫、大丈夫。お母さんがおるやろ?」と優しく慰めてくれた。

 

私はいい歳して情けないなぁと思いつつも、それがとても有り難かった。

 

たわいのない事を数分話したら落ち着いてきたので電話を切り、怖さを紛らわせる為にテレビをつけた。

 

そして、母からメールが届いた。

 

『そっちの方で停電があったみたいよ』

 

もちろん嘘だという事は丸分かりで、それが凄く可笑しくて一人で笑っていた。

 

すると、『違うよ』と言いたげに、またもや電気が激しく点滅しだした。

 

さすがに私は家から飛び出して、そのまま実家に帰った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ