イトウって知ってる?

教室

 

高校生の頃から今現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。

 

高1の時に言われたのが一番最初だった。

スポンサーリンク

イトウとは一体何者なのか?

夏休み明け直後の日、クラスの奴に「イトウって知ってる?」と言われた。

 

「イトウ?知らないなぁ」

 

「何言ってるんだよ、お前と同級生だろ?地元の友達だろ?」

 

「いや、知らんし」

 

数日後。

 

「やっぱりイトウって知ってるだろ?アイツお前と仲良かったらしいぞ」

 

「だから知らないって」

 

「しらばっくれるなよ!」

 

「はぁ?そんな奴いないって!」

 

それで喧嘩になった。

 

ソイツは俺に薄情だと言う。

 

俺は知らない奴を知ってる奴だと言われて、なんか癪(しゃく)に触ったのでキレた。

 

若い頃だったから血の気は多いとしても、それでもクラスの奴は異常にキレた。

 

家に帰ってから卒業アルバムを小学校の頃から調べたが、やっぱりイトウなんていなかった。

 

結局ソイツとはそれ以来、口をきくことはなくなり転校していった。

 

変なわだかまりが残ったが、しばらくイトウの名を忘れていた。

 

それから学年が変わって高2になった頃、またイトウの名を耳にする。

 

今度は部活が一緒だった隣のクラスの奴。

 

「なぁ、イトウって知ってる?お前と同じ中学なんだろ?」

 

「いや知らないって・・・」

 

「だってさ、お前と同じ部活で3年間一緒だったって言ってたよ」

 

「はぁ?ちょっとどういう知り合いなのか詳しく教えてくれよ」

 

久々にその名前を聞いて嫌なことを思い出したが、正体が知りたくて詳しく聞いてみた。

 

「女だよ、背の低い。友達の友達なんだよね。こないだソイツとカラオケ行ってさ。ノリのいい奴」

 

「いや・・・知らない・・・。女ならなおさら知らない」

 

「マジ?連れて来てやるよ。本当にイトウ、お前のこと詳しいから」

 

俺は、そこら辺で怖くなった。

 

本当にどんなに記憶を辿っても知らない奴なんだから。

 

わりと聞く名前だが、イトウなんて同級生は一人もいない。

 

それから数日後。

 

「お前に会わせようとしたイトウさ、いなくなったらしい」

 

「え?なんで?」

 

「分からん。突然、家を捨てて夜逃げみたいな感じだったって」

 

「・・・」

 

次、イトウは以外なところで現れる。

 

地元の友達が聞いてきた。

 

「なぁ、イトウって名前の同級生いたっけ?」

 

「いない!お前も知ってるか言われるの?」

 

「お前も?!」

 

それで俺らの地元のグループで話題になった。

 

イトウとかいうおかしな奴が俺らの知り合いだという。

 

この現象は俺だけではなくて、周辺の友達に波及して3人同じ体験をした奴がいた。

 

それも3人共が違う高校で、全く別々の友達から聞いた話だった。

 

「怖いな・・・。マジ、イトウって誰だよ?」

 

「俺が聞きてぇよ!!」

 

同窓会でそのことをみんなに聞いたが、誰も知らなかった。

 

ただ、連絡がつかない奴の中でイトウという苗字になった奴はいたかも知れないが、それも確認出来たわけではなかった。

 

それから半年くらいした頃、今度は幼馴染の従姉妹が聞いてきた。

 

「ねぇ、イトウって知ってる?」

 

心底ゾッとした。

 

いつものイトウの話だった。

 

背の低い女で、俺と同じ部活で、仲の良い友達だったイトウ。

 

従姉妹は俺のことをよく知っている。

 

「イトウ・・・なんていないよね?」

 

「いない」

 

それから数年間、イトウは姿を消す。

 

イトウのことは頭の片隅くらいにしか残らない存在になっていた。

 

大学卒業間近、バイト先で数年ぶりに耳にする。

 

「なぁ、イトウって知ってる?」

 

その場に倒れそうになった。

 

「背の低い女で、俺と部活が同じの?」

 

「そうそう(笑)やっぱり知り合いなんだ(笑)」

 

「今も連絡取ってるの?」

 

「あぁ。高校の時の部活の知り合いで」

 

コイツは俺とタメで、高校の時の知り合いなら、イトウはその頃は行方不明だったはずだが・・・。

 

「今さ、ソイツと連絡つかない?」

 

「あぁつくよ!イトウもさ、今度飲みたいって言ってたし、ちょうどいいよ」

 

携帯電話の先からイトウの声が聞こえる。

 

「もしもし」

 

「今さ、・・・うんうん」

 

微かにだが、イトウの声が聞こえる。

 

実在する人物なんだ!

 

「悪い・・・。イトウさ、なんか具合悪いからって電話切られた・・・」

 

「そうか・・・。じゃあまた今度頼むよ」

 

次こそはイトウと話す。

 

が、次にバイトへ行った時、イトウの知り合いだと言う奴の態度が急変した。

 

俺が何を話しかけてもシカトする。

 

軽いイジメのような感じの雰囲気になっていた。

 

なぜかバイト先の奴らから仲間はずれにされる俺。

 

その日の帰り、店長にクビを言い渡された。

 

文句は言ったが、「悪いがしばらく来ないでくれ」の一点張り。

 

気が付いたら、いつの間にかそのバイト先は潰れていた。

 

結局、イトウとの接点は無くなった。

 

最初にイトウの話を振ってきたクラスの奴もいなくなり、次の部活の奴もその後に退学になった。

 

3人の同級生とも疎遠になった。

 

3人とも良い噂を聞かなかった。

 

今はどうなったのか全く分からない。

 

従姉妹もその後、精神的に病んで今は話せる状態ではない。

 

結局、イトウのことに関しては分からずじまいだった。

 

そう思っていた矢先の先週、彼女が「イトウって知ってる?」と聞いてきた。

 

まだイトウは俺の周りをウロチョロしているのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ