深夜のツーリングを楽しんでいると

山道

 

5年前の6月ぐらいに普通二輪の免許を取った。

 

それで、前から欲しかった400CCのバイクを買ってツーリングを楽しんだりしていた。

 

休日前の夜、暇だったので家の近くの山に軽く走りに行き、頂上にある駐車場でコーヒーを飲みながら休憩していた。

スポンサーリンク

あれは本当にA君だったのか?

駐車場にはバイクは俺の1台だけで、他に車が3台ほど止まっていただけ。

 

車の中では仮眠していたんだと思う。

 

時間は深夜1時ぐらいだった。

 

コーヒーを飲み終わったらボチボチ帰るか・・・と考えていたら、後ろから「○○君」と呼ばれた。

 

振り向くと、フルフェイスのヘルメットを被ったままの友達A君だった。

 

A君と会うのは久しぶりで、少しの間、適当な話しをして盛り上がっていた。

 

A君は俺のバイクを見て、「運転したいけど400を運転できる自信がないから後ろに乗せて」と言ってきた。(A君のバイクは250のスクータータイプのバイク)

 

A君のバイクを駐車場の角に停め、後ろに乗せてゆっくり走り出した。

 

俺自身も二人乗りは慣れていなかったから、ずっと安全運転をしていた。

 

しばらく適当に走って広めの道路でUターンすると、そのまま駐車場に向かって逆戻り。

 

後ろのA君は、「メーターがかっこいい」とか「案外後ろの席は乗りやすい」とか色々な話をしながら駐車場の手前あたりまできた。

 

そして俺は、「しかし今日は寒いな~」と言って軽く後ろ見ると、A君がいない・・・

 

「え!?どこかで落としたか!?」と思ったけれど、落ちるようなスピードで走っていないし、それにもし落ちたとしたら間違いなく気付くはずだ。

 

Uターンして道を戻ろうとして駐車場に入った。

 

すると、停めていたA君のバイクが無い。

 

もう俺の頭は「???」だらけだ。

 

走っている俺のバイクから降りて、自分の足で走ってバイクに乗って帰った?

 

いや、まずそれは絶対にないだろう。

 

そんな事をする必要もないと思う。

 

とりあえず俺はUターンして戻ってみたが、A君の姿は無かった。

 

状況がよく分からなくなったので、A君に電話してみた。

 

A君は家で寝ていた・・・。

 

「ついさっき山に来てなかったか?」と聞いたが、バイトから帰って来てからは1歩も外に出ていないらしい。

 

そもそも、俺が山にいる事すら知らないと言った。

 

それは当然だ。

 

俺は誰にも言っていない。

 

あれは本当にA君だったのか?

 

なぜフルフェイスのヘルメットを取らなかったのか?

 

A君ではなかったとすると、なぜ俺の名前を知っていたのか?

 

未だに分からない。

 

ちなみに、A君は今もピンピンしている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ