大学に60年間も住み着いている男

図書室

 

俺が通っている大学には、有名な噂話がある。

 

それは、『この大学には妙な者が住み着いている』らしい。

 

その者の見た目は、長身やせ型の20歳前後くらいの男で、顔の彫りが深く、沖縄系の濃い顔。

 

「ただの学生だろ?」と思うかも知れないが、なんとこの男、この大学が出来た60年も前から住み着いているらしい。

 

その時代の流行り廃りに合わせて服装を変えているらしく、また四季に合わせても装いを変えていることから、身なりにはそれなりに気を遣っているようだ。

 

学生の気に入った服装を自分の外見に反映させているようで、たまにロゴがおかしかったり、英字が間違っていたりする。

 

60年前からずっと大学構内をうろついているようが、本が好きらしく、生協の書店コーナーや図書館によく出没する。

 

だが、本を手に取って読むことはなく、並べてある本の表紙をずっと眺めていたり、他人が読んでいる本をチラチラと覗き見たりしている。

 

時には授業も受けていて、気に入った講義には度々出席する。

 

それには先生も把握していて、「今日は彼は欠席のようですね~」と言ったりもする。

 

その男と目を合わせると魅入られて憑かれることもなく、プイっと目を逸らしてどこかに行ってしまう。

 

正体については諸説あって、「単位を取り終える前に死んだ留年生の霊」だとか、「この土地に住んでいる神様の類」だとか、「宇宙人の分身」だとか、色々と言われている。

 

この噂話はこの大学における新歓時期の鉄板ネタとして、数十年に渡って代々後輩に語り継がれているらしい。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ