子が生まれた数日後に親は死を迎える

十字架

 

会社の同僚の話。

 

10年前に入社して、最初に話して仲良くなったあいつは嶋田(仮名)という。

 

嶋田は俺と同じようにオカルト好きで、ネットで面白い話題があれば互いに教え合ったりもしていた。

 

そんな嶋田が自らの家系についての話をしたのは、確か入社3年目の集合研修の時だった。

 

金曜ということもあり、研修に参加したメンバー全員で飲みに行き、終電後の3次会だか4次会にも10人くらいが参加していた。

 

俺や嶋田以外にもオカルト好きな奴がいたせいもあってか、いつの間にか怖い話に花が咲いていたのだが、その時に嶋田が怖い話なのかどうなのか微妙に判別がつかないような自身の話をしたのだ。

 

曰く、「うちの家系は多分呪われている」と。

スポンサーリンク

嶋田は追い詰められていく

多分ってなんだ?とツッコんだ記憶があるので、だいぶ酔いも覚めた朝方のことだったと思う。

 

詳しい話を聞くと、「うちの家系では跡継ぎである子供が産まれてからすぐに必ずうちの家系の方の親が死ぬ。俺の親父も俺が産まれた数日後に死んでいる」などと言い出し、皆に「偶然だろ」とこれまたツッコまれていた。

 

だが彼が言うには、「祖父も曽祖父も高祖父も皆子供が産まれて一週間と経たずに死んでいる」と。

 

なんでも、半年ほど前に亡くなった祖母の遺産相続関係で、戸籍の書類を漁っていて気付いたそうな。

 

これが作り話なら、こんな中途半端に怖いかどうか悩むような話はしないだろう。

 

するにしても、例えば先祖が誰かを惨殺して呪いが・・・とか、田舎におぞましい古物が・・・とか言い出すだろう。

 

事実だろうが偶然なんだろうな、ということでその時は片付けていた。

 

だが当然のことながら、当事者たる嶋田からすれば、うやむやにしていて済む話ではなかった。

 

それから2年後、そんな話もすっかり忘れた頃に、嶋田の彼女(安西とする)から相談を受けた。

 

安西は同じ会社の1年後輩で、主に俺と同じプロジェクトで仕事をしていた。

 

会社では、嶋田より俺と話すことの方が多いくらいだった。

 

安西の話によると、嶋田の子を身篭ったという。

 

しかし、嶋田はその話を聞くと断固として「堕ろせ」と主張して憚(はばか)らず、喧嘩している最中だと。

 

その話を聞いて嶋田の家系についての話を思い出したが、さすがに安西にそんな話をしても仕方なかろうと思い、次の日に嶋田を飲みに誘って話をすることにした。

 

嶋田は浮かないというか、青ざめたような顔をしていた。

 

飲みの誘いにも乗り気ではなかったが、「安西から相談を受けた」と告げると納得したように頷いた。

 

チェーン店を避け、わりと静かな居酒屋のカウンターに並んで座り、問い詰めた。

 

嶋田は、「そういえばお前には話したもんな」と言って、「色々考えたが俺はまだ死にたくない。安西には悪いとは思っているがどうしても堕ろしてもらう。付き合っていたらまた同じことになるのは目に見えてるから、この話が済んだら別れる」と言ってきた。

 

いくらオカルト好きとはいえ、嶋田の話を完全に信じていたわけではなかった俺は、きっとこいつはノイローゼ気味なんだろうと思っていた。

 

その場では変に刺激しない方がいいと思って、話はそこそこで切り上げ、仕事の話や趣味の話で気を紛らわせようとした。

 

安西にはどう報告するか・・・などと考えつつも、終電前に居酒屋を出て別れ、その日は家に帰った。

 

翌週、安西から話を聞かれたが、「何やらノイローゼっぽい。マリッジブルーみたいなものじゃない?」くらいの曖昧な返答に終始した。

 

安西に、嶋田が話したそのままの話をする気にはなれなかった。

 

ただ、「精神的に参ってるみたいだから、場合によっては家族に相談したりするくらいは考えた方が・・・」的なアドバイスはしていた。

 

その後しばらくして、安西は異動で別プロジェクトかつ別拠点になり、話をする機会がなくなった。

 

嶋田もさらに別の顧客先に詰めていたこともあり、この話をすることはしばらくなかった。

 

それから1ヵ月後、久し振りに安西の姿を本社で見かけた。

 

休憩室の椅子に座ってうな垂れていた安西は、俺が挨拶をすると顔を上げ、「嶋田が自殺未遂をしてしまって意識不明の重体になっている」と告げた。

 

嶋田の精神は日に日に参っていったそうで、脅すような口調で「堕ろせ」と迫っては我に返ったように謝罪するといったことが増え、それがピークに達した日、眠っている安西の首を絞めたそうだ。

 

目を覚ました安西が嶋田の手を振り払おうとすると、嶋田はすんなりと手を離したが、すぐに部屋(安西の部屋に泊まっていた)から出て玄関から飛び出し、走り去ってしまった。

 

さすがに警察に話すか病院に連れていくべきか、などと考えながらも放ってはおけないと思い、捜しに出た。

 

が、既に深夜であり、見つけるのも困難だと判断した安西は、翌朝を待ってまずは嶋田の自宅に向かった。

 

合鍵で玄関の扉を開けてワンルームの部屋を覗くと、部屋の真ん中に嶋田が倒れていた。

 

すぐ横には薬瓶が転がり、微動だにしない嶋田を見て焦り、揺り起こそうとするが反応がない。

 

慌てて救急車を呼んで搬送されるも、そのまま意識は戻らず重体の状態が続いている、とのことだった。

 

そこまで思い詰めていたのか、と話を聞いていた俺も自責の念に駆られたが、あの時点であれ以上は俺に出来たことがあったとも思えず、嶋田の快気を祈るしかなかった。

 

が、俺や安西の祈りも虚しく、嶋田は植物状態のまま目覚めることはなかった。

 

そんな事件があったものの、安西のお腹の子はすくすくと育ち、無事に出産を迎えられそうだとの話を聞いて、俺は複雑な気分になった。

 

まさか子供が産まれたら嶋田が死ぬ?

 

だが、安西に妙なことを吹き込んで、万が一にも流産でもしてしまったらそれこそどうしようもない。

 

結局、このことについて安西には話せないまま時は過ぎ、無事出産したとの報告を安西から直接受けることとなった。

 

複雑な気分で「おめでとう」と返答のメールを打っている中、上司からの電話が入った。

 

「おい、お前の同期の嶋田、ついさっき病院で息を引き取ったって・・・」

 

あれからもう4年が経つ。

 

安西は出産してすぐに仕事を辞め、育児に専念している。

 

子供の親が嶋田であることについては以前から嶋田の母親とも話をしていた為、育児環境には問題はないそうだ。

 

そして未だ、嶋田の家系についての話は安西には出来ていない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ