酷道をのんびり探索して行き着いた先で

集落

 

休みの日にドライブするのが趣味な俺。

 

特に山方面の『酷道』をのんびり探索するのが面白い。

 

※酷道(こくどう)

日本の道路の俗語で、一般国道のうち乗用車による通行が困難であるなど文字通り「酷(ひど)い状態の国道」を、「国道」の読み(こくどう)に引っ掛けて揶揄するものである。(Wikipejiaより引用)

 

7月初めの曇りの日、諏訪湖の方角に行ってみた。

スポンサーリンク

じゃあ、俺が見たのは・・・

長野県に入った辺りから、雨が降り出して視界が悪くなった。

 

このままでは危ないので引き返そうと思った。

 

しかし、どうにもUターンが出来そうな場所が無く、仕方なく脇道に入り大回りする。

 

が、どんどん道が細くなり、行き止まりになるのではないかとハラハラした。

 

峠を越えて下りになった。

 

急なカーブをいくつも通過し、集落に辿り着くことが出来た。

 

少し広い場所に片寄せて、ナビと地図を確認する。

 

この先数キロで幹線道路に出られるようだ。

 

よし、行くべ!

 

多少のスリルが味わえたことで高揚し、いい気になっていた。

 

走り出してすぐに「ゴンッ」と前輪が跳ね上がり、ガリガリと底を擦(こす)る。

 

ブオーンッ!!と空転した。

 

側溝が道を横断していて、その蓋がほとんど割れていた。

 

前輪が二つとも嵌り、車体が地面にへばり付いている。

 

バックしたりハンドルを切ったりしてみたが、全くダメだった。

 

青くなりながら、最終手段のJAFを呼ぶことにした。

 

しかし、携帯が繋がらない。

 

仕方なくハザードを点けっ放しにして集落の方へ戻ってみる。

 

携帯の電波が届くかもしれない、と思った。

 

が、圏外表示が消えることは無く、おそらく集落の中心であろう所まで来てしまった。

 

こうなったら何処かで電話を借りようと周りを見渡すが、人が居る気配がない

 

段々畑のすぐ上にある農家が一番近いようだ。

 

不審人物に見えないよう、大きな玄関にたどり着く。

 

「すみませ~ん。ごめんくださ~い」

 

反応が無い。

 

縁側の方にまわってみる。

 

そこでもう一度呼びかけてみるが、やはり反応が無い。

 

道の向かい側にも古い農家があることに気が付いた。

 

今度はそちらに助けを求めてふらふらと近付く。

 

「すんませ~ん!ごめんなさーい!もしもーし!」

 

一瞬、台所らしき窓に人影が見えた気がした。

 

御老人がおられるようだ。

 

良かった、人が居た。

 

しかし、玄関にたどり着いてギョッとした。

 

扉が完全に外れて内側や外側に倒れている。(昨日今日壊れたものではない)

 

中も埃まみれで、下駄箱の上の置物やら何やらが散乱している。

 

怖くなって後戻りし、携帯のアンテナが2本立っていることに気が付いた。

 

そのおかげでJAFに連絡が出来、1時間程度で隊員が到着した。

 

JAFの人は黙々と脱輪からの救出を行ない、手続きをしてくれた。

 

礼を言ってそのままの道を行こうとすると、隊員は慌てて話しかけてきた。

 

「この先は通行止めですよ」

 

「あ、そうなんですか?」

 

「もうこの道は廃道で、無くなる予定ですから来た道から戻って下さい」

 

「・・・あ、そ、そうなんですか・・・」

 

「もしかして、酷道ハンターとかいう方ですか?」

 

「いえ、違います。似たような事していたわけですが・・・」

 

「気を付けて下さいね。ここは熊とか出ますから」

 

「は、はい・・・。熊ですか!?」

 

JAFの車に付いて山を下りながら考えていた。

 

(じゃあ、俺が見たのは・・・)

 

今でも謎のままである。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ