そこで作り話の怪談をすると呪いがかかる

民家

 

僕の地元の高知県には、『しのうかさん』という都市伝説のようなものがある。

 

詳細は良く知らないが、その言葉だけは子供の頃から聞いていた。

 

たしか浦戸大橋の近くにある民家の話だったと思う。

 

これは弟の体験談だが、場所が違ったので別の『しのうかさん』のようだ。

スポンサーリンク

ねえ、死のうか、一緒に死のう

弟が中学生の頃に、同い年のSと一つ上のT先輩に連れられて肝試しに行った。

 

そこはバイク仲間の間で有名なスポットで、『しのうかさん』という場所らしい。

 

伊野町の方だそう。

 

夜中に3人でそこへ行くと、寂れた民家があり、有刺鉄線が巻かれて『キケン』と書かれた看板があった。

 

3人は中に入り、電気は通っていないので懐中電灯をつけ、居間のような畳敷きの部屋に座り込んだ。

 

ここにはT先輩だけが一度来たことがあり、弟とSは何があるのかも知らなかった。

 

T先輩曰く、“ここで『しのうかさん』という怪談を作ると不思議なことが起こる”という。

 

つまり、『しのうかさん』自体に正体はないらしい。

 

まず弟が思いつくままにこんな話をした。

 

「昔、この家の息子と近所の家の娘が恋に落ちたけれど、両方の家族から反対されて思い悩んでいた。ある日に娘が深刻な顔をして、『ねえ、死のうか、一緒に死のう』と言った。男の方は女の情念が怖くなり、家を捨てて逃げた。女はこの家のこの部屋で首を吊った」

 

これを聞くと、今までビクビクしている弟たちをからかうようにリードしていたT先輩が真っ青になって震え始めた。

 

続いてSが話し始めた。

 

「昔、この家の息子と近所の家の娘が恋に落ちたけれど、両方の家族から反対されて思い悩んでいた。ある日に娘が深刻な顔をして、『ねえ、死のうか、一緒に死のう』と・・・」

 

そこでT先輩が、「それさっきN(弟)がゆうたやいか」と叫んで、ガタガタ震えながら部屋を飛び出した。

 

訳のわからないまま3人とも家から出て、バイクに乗った。

 

そしてT先輩の家まで帰り着くと、ようやく落ち付いてT先輩が言った。

 

「前に来た時も、ツレがお前らと同じ話したんじゃ・・・」

 

よくよく話を聞いてみると、あそこで『しのうかさん』の作り話をすると呪いがかかり、近いうちに『しのうか』という声を何らかの形で聞くという。

 

そこで『しのうしのう』と返答しないと死ぬ、という話だった。

 

都市伝説の類のようだが、結局はT先輩もSも弟もその後に異変はなかったようで、今もピンピンしている。

 

しかし、“作り話が被る”ということだけが気味が悪い。

 

気になるのは、Sが何故弟と同じ話をしたのかという点だが、それについては弟は特に聞いていないという。

 

なぜなら、その時は弟たち3人は気にならなかったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ