我が家に不幸がある時は凶刹が出る

夜の街

 

うちは昔に鬼退治のお供をしたそうで、それ以来、『我が家に不幸がある時は凶刹が出る』らしい。

 

鬼が出るのか、蛇が出るのか、具体的な事は知らない。

 

そういう言い伝えだ。

 

これは、それを実体験した時の話。

スポンサーリンク

もうすぐ死ぬけんの

去年の秋頃、祖父が亡くなった。

 

亡くなる前日、自宅療養中だった祖父を見守りに俺と従兄弟が来ていて、夜中にちょっと一服しようと庭に出て二人でタバコを吸っていた。

 

すると、庭の垣根の外側に人影があった。

 

祖父の家は高台の出っ張りにあるため、垣根によじ上るような奴はいないだろうと思うのだが、庭の明かりをつけると見たことのないおじさんが垣根越しにこちらを見ていた。

 

見た感じでは普通のおじさんで、ジャンパーを着ていた。

 

「おじさん、何してるんですか?」と話しかけると、「もうすぐ死ぬけんの」と言った。

 

縁起でもないと思っていると、従兄弟がカッとなったのか、「何言うとるんか!」と怒鳴った。

 

だが、おじさんは「もうすぐ死ぬけんの」と、また言った。

 

「やめてください」

 

「もうすぐ死ぬけんの」

 

「ちょっとおかしいで」

 

「もうすぐ死ぬけんの」

 

ヤバいおじさんが来てしまったのでは・・・と思い、家の中の誰かに言おうと振り返ると、「あっ!おらん!」と従兄弟の声。

 

垣根を見ると、確かに誰もいない。

 

落ちたのか?と思って垣根に近寄ったが、下の道路にも誰もいない。

 

変な人がたまたま来てしまったということで、その後は従兄弟も俺も誰にも言わなかった。

 

しかし、次の日の朝に祖父が急死した。

 

もう長くないからということでの自宅療養だったので、いつかは亡くなると思っていたが、まさか翌日になるとは思わなかった。

 

前夜のおじさんが預言者とも思えず、あれが我が家の凶刹なのかな?と思った次第だ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ