風水の伝えを信じますか

風水

 

私は霊などが見える人間ではないので助かっていますが、去年のお盆は少し恐ろしい体験をしました。

 

何かを感じずにはいられません。

 

去年の3月、私たち兄妹は共に大学に受かり、4月から実家には両親二人だけが住むことになりました。

 

そのため、寂しくなるといけないからと言って、父が犬を買ってきて、家の隅に犬小屋を造って飼い始めたのです。

スポンサーリンク

不審に思った祖父が調べてみると・・・

そして私たちは新学期になると、それぞれの下宿へと移り住みました。

 

それからしばらくしてお盆に帰省した時、母が仰々しいギブスをしているのを見ました。

 

「それは何をやらかしたんだ?」そう母に訊くと、「交通事故で鎖骨を骨折してね」と答えました。

 

車で道を横断する時に側方からぶつけられ、全治3ヶ月ほどの骨折だったそうです。

 

これだけならどこにでもありそうな事故の話で終わりますが、実はそれだけではなかったのです。

 

「バカだなあ。不注意だから事故るんだよ」と、その時は笑っていましたが、まさか自分まで巻き込まれるとは思っていませんでした。

 

母の事故は7月の半ばのものでしたが、その2ヶ月ほど前にも、父が後ろから衝突され、首がムチ打ちになったという事故の話を聞かされました。

 

そして、母はなぜ事故をしたのか訊くと、「○○(妹)が自殺しようとしているのを止めようとして、公園に向かう途中に追突された」というものでした。

 

妹は昔から、たまにヒステリーを起こすことがありました。

 

今回は帰省直後に彼氏から一方的に別れを告げられ、その辛さからか自暴自棄になり家出をしていたそうです。

 

そして、妹がいるという情報を受けて母は公園に行く途中で、いきなり横から追突されたということでした。

 

「今年は我が家の厄年なのかねぇ。あんたも気を付けておくれよ」

 

そう母は私に言って、夕飯の支度を始めました。

 

それから2日後の8月14日。

 

私は小学校の頃に埋めたタイムカプセルを開けるため、友達と待ち合わせをし、小学校に向かう途中でした。

 

意気揚々と自転車を漕いで、曲がり角を曲がった瞬間、目の前には赤い車が。

 

その後の記憶はとても曖昧で、聞いた話によると私は車に撥ねられたそうです。

 

7メートルほど飛ばされた後、アスファルトに激突し、後頭部から血を流しながら痙攣していたそうです。

 

その後、近くの家の人に介抱され、家の住所を自分で告げた後に病院へと運ばれました。

 

結局、頭を8針縫う大怪我をしてしまいました。

 

病院から帰ってきた後、タイムカプセルを開けた友人から、未来の自分宛の手紙を渡されました。

 

そこには、『もう死んでいるかも知れないね。事故か何かで』と書かれていたのです。

 

当時小学2年生。

 

まさかこんな内容が書かれていようとは。

 

一家全員が事故または自殺未遂をしたことで、不審に思った祖父が調べてみると、犬小屋の場所が仏壇の部屋の隅、さらに南西の方向にあったのです。

 

風水師によると、仏壇で張られていた裏鬼門の結界を犬が壊し、そこから不運が舞い込んでいたそうです。

 

そこで慌てて犬小屋を移し、仏壇の部屋を綺麗にしました。

 

それ以降、事故は一切ありませんでしたが、ちょうど飼われてから1年後ぐらいに犬は突然死んでしまいました。

 

厄を全て持って逝ってくれたのでしょうか・・・。

 

そんな気がしてなりません。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ