道路標識のポールに全力で水平チョップをしたら

住宅街

 

数年前、会社の飲み会でしこたま飲んだ帰り道での事。

 

最寄り駅から自宅までの経路で、大通りから一本外れた裏通りを歩いていた。

 

足元が怪しくなってやや呂律が回りづらくなっていたが、記憶はしっかりしているタイプなので割と克明に覚えている。

スポンサーリンク

またいつあの現象が起きるのかと・・・

酔っ払った時はよく分からない勢いでよく分からない事をしてしまうのが世の常だが、その時の俺は何の気なしに、道端に設置された道路標識のポールに全力で水平チョップをした。

 

理由は特にない。

 

そして、その時の感触はよく覚えている。

 

水を手でかき回す時のようなささやかな抵抗だけがあり、俺の手が標識のポールを通過した。

 

「えっ!?」と思ったのと、ポールがアスファルトの上に倒れて「ガシャン!!」と大きな音を立てたのと、どちらが先だったのかすら覚えていない。

 

だが、音がした瞬間にとにかく「ヤバイ!」とパニックになり、現場を確かめずに自宅まで怪しい足取りで、それでも半ば走って帰った。

 

その後は何も考えないようにして布団を被って寝た。

 

翌朝、朝食を買いにコンビニに行きがてらその道を通ると、昨夜の事は夢ではなく、ポールは綺麗に折れ、半分から先は道路の上に倒れていた。

 

いや、「折れていた」と言うと少し違うかもしれない。

 

まるで鋭利な刃物でスパッと切ったような、綺麗な断面を見せていた。

 

目撃者は多分いないだろうから大丈夫だとは思っていたが、俺がしでかした器物破損には違いないので、それを確かめた後はその通りはしばらく使わないようにしていた。

 

それから一週間程して夜中に様子を見に通ってみると、標識のポールは溶接と接木で修復されていた。

 

そんな出来事から数年が経ち、現在まで同じような事は起きていないが、たまにあの感触をまざまざと思い出す。

 

特に人に触れる時には、「またいつあの現象が起きるのか・・・」とビクビクしてしまう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ