その女の子は幽霊という感じがしなかった

廊下

 

人間には『場所の記憶』みたいなものってあるのかな?

 

私は白昼夢のようにそれを見たことがある。

 

といっても、たぶん数時間前の白昼夢。

 

※白昼夢(はくちゅうむ)

目覚めている状態で見る現実で起きた非現実的な体験や、現実から離れて何かを考えている状態を表す言葉。願望を空想する例が多い。(Wikipediaより)

 

私は、子供が多く来る文化施設に勤めている。

 

その日も閉館後の見回りも終わり、私と上司の二人以外は帰宅した頃、残務処理の途中でトイレに行きたくなった。

 

そして事務所から廊下へ向かおうとした時、目の前を「きゃははははっ」と凄く楽しそうに年中児(4歳)くらいの女の子が横切って行った。

 

一瞬わけが分からず、我に返って走り抜けて行った廊下を見たが、足音はもちろん姿もなかった。

 

しかし、幽霊という感じがしなかった。

 

まるで、昼間の楽かった時間が今もう一度再生された、という感じがした。

 

気のせいかな?と思った時、背後から上司が「私さん、今笑った?」と聞いてきた。

 

もし本当に子供が館内に残っていたら大変なので、「女児を見た気がする」と正直に言って、もう一度館内を見回ったがやっぱり何もなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ