呪われた夢

先に言っておきますが、

この話は呪われているのかもしれません。

 

一週間以内に云々とか、

そういう回避方法は無いので、

 

呪われるのが怖い人は

読まない方が身の為かと思います。 

 

一ヶ月程前のことです。

 

友人が、最近おかしな夢をよく見る

と言いました。

 

女の人が森の中を歩いていて、

あちこちの木の枝には、

たくさんの人間が

ぶら下がっているんだそうです。

 

腐りかけた人の・・・

新しい人の・・・

 

その気持ちの悪い人間の下を、

女の人は、ただひたすらに

真っ直ぐ歩くのだそうです。

 

友人は、こんな同じ夢を

頻繁に見たそうです。

 

そして、

その女の人は椅子の上に乗って、

これから首を吊ろうとしている人の

目の前で立ち止まりました。

 

友人はその人の顔を見て、

心臓が飛び出るほど

ビックリしたそうです。

 

それは彼自身でした。

 

彼は足元の椅子を蹴ることを

躊躇していましたが、

 

その女の人は、

「手伝ってあげる」

と言って椅子を取り上げました。

 

彼の両足が空中に投げ出される瞬間で

夢が覚めるそうです。

 

その友人が、つい先週、

自動車事故で亡くなりました。

 

あまりに因縁めいた出来事で、

気味の悪い話ですが、

単なる偶然と言ってしまえば

それまでなのかもしれません。

 

ただ彼の亡くなった夜、

つまり、彼の死を知らされる前日の夜、

私は彼が言っていたのと

非常に良く似た夢を見ました。

 

森の中を女の子が歩いているのですが、

木の枝からたくさんの人間が

ぶら下がっているのです。

 

そのなかに友人のもありました。

その後も何度か同じ夢を見ました。

 

実は、もう三日も寝ていません。

夢を見るのが怖いからです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ