なぜかその事故のことが無性に知りたくなり

交差点

 

これは、前に住んでいた場所での体験談。

 

住まいの比較的近くで、『昔にあった交通事故』のことを友人から聞いた。

 

そしてなぜかその事故のことが無性に知りたくなった俺は、色々な手段で調べた。

 

挙句の果てに、グーグルマップで事故があった場所の当たりをつけて、直に確かめに向かう。

 

どうしてそこまで執着していたのか、今でもよく分からない。

スポンサーリンク

何かに呼ばれたのか?

線香、ゲームセンターで得た人形、紙パックのミルクティーを持って、ピンポイントで『絶対ここだ!』という自信をもっていた。

 

迷うことなく目的地に着いた俺は、なぜか号泣し始めて、近くを通ったおばちゃんに介抱された。

 

おばちゃんに理由を聞かれても、俺は「よく分からない・・・」の言葉しか出てこない。

 

お互いに困惑する中、俺はとりあえず持って来ていた人形とミルクティーを置いた。

 

するとおばちゃんが、「あれ、兄ちゃんがいつもお供えしてた人やったんね?」と言ってきた。

 

おばちゃんは続けて、「いっつもそこに置いて行ってたやんね?そら悪いこと聞いたわ、ごめんな」とかなんとか。

 

ワケが分からず、俺は落ち着くまでおばちゃんに介抱された。

 

しかし帰ろうとすると、おばちゃんの雰囲気が何か変わった。

 

落ち着いた感じの、少し物哀しい感じに。

 

そして、おばちゃんが「ありがとう」と言った。

 

さっきまでの方言っぽい話し方ではなく、標準語に近い感じで。

 

その時に俺は、たぶんそれはおばちゃんじゃなくて事故で亡くなった子なんだ、と勝手に納得した。

 

ありがとうの言葉の後に、「たぶん、もう来んよ」と俺が返すと、「うん、たぶん大丈夫」とその子は言った。

 

そして乗ってきた自転車に跨った俺に、おばちゃんが「頑張りな!くよくよしたらあかへんで」と励ましてくれた。

 

今でもこの体験はよく覚えているが、その事故の場所や、どんなの事故だったのか友人に尋ねても、友人は「そんな話したっけ?」という反応をする。

 

それに、地域で起きた事故を調べても、それらしいものは出てこない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ