突然降り出した大雨だったはずが・・・

雨

 

これは、自転車でバイトに行った時の不思議な体験話です。

 

家を出る時は晴れていたのですが、すぐに雨が降り出しました。

 

家からバイト先までは自転車で10分程度です。

 

一度帰って傘を持って出るのも面倒だったので、そのまま雨の中を突っ切って行くことにしました。

 

そうしたら、もの凄い雨に。

スポンサーリンク

私には何がなんだか

ポツポツと降り出したかと思うと、すぐにザザザァーと大雨に。

 

自転車ではまともに目を開けていられない程の状態です。

 

手はハンドルを握っているので顔も拭えません。

 

そのまま殆ど目を閉じた状態で必死に自転車を漕ぎ、バイト先に到着した頃にはコートも何もかもがズブ濡れになっていました。

 

裏口近くの駐輪場に自転車を止めて、走ってお店に入りました。

 

裏口のすぐそばにスタッフルームがあり、更衣室もその中です。

 

私は急いで部屋に駆け込みました。

 

部屋の中には、副店長とバイトの女子二人がいました。

 

そして私が部屋に入った途端、みんなに「どうしたの、それ!?」なんて言われました。

 

私は「家を出てから急に降ってきちゃいまして・・・」なんて答えながら、寒いし濡れているのですぐに着替えようとしたのですが、副店長が私の腕を掴んできたのです。

 

そして真剣な目をして、「本当にどうしたのそれ?何があったの?」と言います。

 

「だから、雨が降り出しちゃって・・・」と言ったのですが、腕を離してくれません。

 

それどころか、「何を言ってるのよ!」と突っかかってきます。

 

私にはその時、副店長が何を言っているのか分からなかったのですが、一緒に部屋にいた子がこう言いました。

 

「だって、雨なんか全然降ってないですよ!?」

 

私は急いで裏口のドアを開けに行きました。

 

すると、外は雨なんて全然降っていませんでした。

 

私には何がなんだか分かりません。

 

まるで「えっ?」という状態です。

 

なにしろ私はたった今、濡れながら自転車でやって来たのです。

 

雨が降っていないわけがないのです。

 

それも大雨だったのですから。

 

でも、地面がまったく濡れていません。

 

なのに、私の足跡だけがしっかり濡れて残っていました。

 

誰しもが「雨なんか降っていなかった」と言います。

 

でも、私が自転車で走っている間はずっと雨だったのです。

 

私はあまりに不思議すぎて言葉が出なくなりました。

 

結局、みんな不思議がったり怖がったり。

 

その後、着替えている間にどんどん怖くなってしまいました。

 

当日の気象庁の記録を確認してみると、雨は全く降っていないようです。

 

帰りはそんなおかしなことはなかったのですが、これも心霊現象や怪奇現象の類なのでしょうか。

 

ひどく納得がいかないのです。

 

友達に聞いても、「晴れていた」と言います。

 

自分でも怖かったのですが、それ以前に意味が分からなくて・・・。

 

一体、何が起きていたのでしょうか?

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ