山奥で浮かんでいた球状の霧の塊

山林

 

私の実家は、とんでもない山奥の村にある。

 

子供の頃、山菜採りや釣りでさらに奥まで入ると、『球状の霧の塊が浮かんでいる』ことがあった。

 

それはぼんやりとしたものではなく、まるでドライアイスの煙のような、向こう側が全く見えないくらいの濃い霧の塊。

 

直径は2~3メートルくらいで、ブナの大木の下や、生い繁った木の下などの薄暗い所に浮かんでおり、球状のままモヤモヤとしていた。

 

近くまで寄って見てみたかったけれど、何か不気味で怖く、それを見てしまった時はすぐ家に帰っていた。

 

祖父に話してみると、「俺もおまんた(お前)の歳の頃に何べんか見たが、まだおるんか」と言っていた。

 

そして「あれは何?」と聞いても、「わからん。けど、まぁ近づくな」と忠告された。

 

父にも聞いてみたところ、「俺もガキん時は見たが、そういえばいつからか見なくなったなあ」と言っていた。

 

私は高校から下宿生活で村を離れ、そのまま就職したこともあってすっかり忘れていたけれど、ある時の連休で実家へ帰った時にふとこの体験を思い出した。

 

そこで、渓流釣りのついでにあの球状の霧があったら写真に撮ってやろうと、それからは実家へ帰る度にカメラを持って山奥まで釣りに行くけれど、残念ながら一度も見れずにいる。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ