人によって色の見え方が違う!?

色相環

 

これは、視覚にまつわる少し不思議な体験話。

 

僕は小学生の頃、不思議なスーパーボールを持っていた。

 

それは駄菓子屋のスーパーボールくじで買った、何の変哲もないオレンジ色のボール。

 

大きさは直径4センチと小さい部類だったが、淡いオレンジの色が気に入って、いつも指先で手遊びしていた。

 

不思議なことは、友人の一言から始まった。

 

「今日はあの青のボール持ってないの?」

 

「ん?青?オレンジのボールならあるよ」

 

そう言って、僕はポケットからボールを取り出す。

 

「オレンジ?これ、青じゃん」

 

「はぁ?何言ってるの?」

 

僕は最初、友人がわざと冗談を言ってるのかと思った。

 

・・・なので、通りがかった他の友人を呼び止めて聞いてみた。

 

「このボール、何色に見える?」

 

「青」

 

「ほらぁ~」

 

この時点で僕は、色盲という覚えたての単語が頭をよぎった。

 

でもどうしても納得いかなくて、また別の友人に聞いてみた。

 

「このボール、何色に見える?」

 

「オレンジ」

 

「だよね!」

 

「はぁ?」

 

その後、最初に話しかけた友人と一緒に、クラスのほぼ全員にボールの色を聞いてまわった。

 

すると、オレンジと青が大体半分づつくらいに分かれた。

 

さらには職員室まで行き、担任と通りがかった美術の先生にまで聞いた。

 

どっちがどっちだったか忘れたが、先生たちの答えも分かれていた。

 

そんな不思議なスーパーボール、実家へ戻った時に探してみたが見つからなかった。

 

※参考

数年前に世界中で話題になった、人によってドレスの色の見え方が違う問題(※リンク先は検索結果)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ