奇妙なことが多々あった頭の良い飼い犬

犬

 

これは、犬にまつわる少し奇妙な体験話。

 

彼女の実家では、かつて黒い犬を飼っていた。

 

「血統書とかはなかったけれど、おそらく甲斐犬だと思うの」

 

彼女はそう言う。

 

彼女が物心ついた頃には、もう立派な成犬だった。

 

頭の良い犬だったそうだが、奇妙なことが度々あったらしい。

 

例えば、ドアを閉めていたはずなのに、いつの間にか家の中に入っていた、ということが多々あったそうで。

 

ふと気が付くと、自分のすぐ横で尻尾を振っている、といったような。

 

家族のみんながそう感じていたそうだが、「気のせいだろう」と流されていた。

 

ある夏の日、いつもと違う方向から彼女が帰宅したところ、犬は庭で寝そべっていた。

 

彼女にまだ気が付いていない様子。

 

(さ)したる理由はないが、何となくそこで立ち止まって犬を眺めていたそうで。

 

気持ちはわかる。

 

私も犬好きだから。

 

と、その時、家の中から母の大声がした。

 

何かひどく慌てている。

 

犬は頭を振って起き上がると、台所の勝手口のドアに向かった。

 

少しの間ドアの前でお座りしていたが、やがてすくっと後足で立ち上がる。

 

まるで普段から二本足で歩き慣れているかのような、実にスマートな立ち姿だった。

 

あれあれ!?と彼女が見守る前で、器用に前足でドアのノブを掴む。

 

そして、ガチャリと一発でドアを開けた。

 

そのままスタスタと二足歩行で中へ進む。

 

ドアはパタンと中から丁寧に閉められた。

 

彼女は暫し呆気に取られたそうで・・・。

 

その日の夕食時、彼女は家族にその話をしてみたところ、「まぁ、そういうこともあるだろう」と、あっさり受け止められた。

 

特に弟からは、「あいつ、時々二本足で歩いてるよ」とまで言われる。

 

弟曰く、その時は自分が声を上げたせいで気付かれてしまい、すぐ四つ足に戻ったらしい。

 

「アレでもうちの犬だし、別に害があるわけでもない。構わんだろう」

 

父がそう述べて、この件についてはそれきりになったという。

 

犬が十八才を迎える頃、母が「この子は元気だねぇ。まるでモッケみたい」と口にした。

 

ちなみにモッケとは、その土地での『物の怪』の呼称。

 

確かに若い時とあまり動きが変わらないなぁ、と彼女も感じた。

 

「元気に越したことはないから、まっいっか」

 

母娘でそう会話した。

 

しかし、それから数日して犬は居なくなってしまった。

 

首輪が綺麗に外されて、鎖もきちんと畳まれて置かれていた。

 

母は「誰かに盗られたのかねぇ・・・」と浮かない顔だったが、彼女と弟は自分で外したんだと信じて疑わなかった。

 

「あの時さ、モッケとか言わなかったら姿消さなかったのかなぁって思うのよ。ああいうのって、正体がバレたら御山へ帰るって、うちの地方じゃそう言われていたし。・・・モッケでも構わなかったんだけどなぁ、うちの家族」

 

彼女はそう寂しそうに口にした。

 

その気持ちもわかる。

 

やっぱり私も犬好きだから。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ