長屋住まいでの奇妙な体験談

長屋

 

これは俺が経験した、ほんのり怖い不思議な話。

 

俺は最近まで、都内にある長屋のような所に住んでいた。

 

そこは壁がかなり薄く、隣の音や声がよく聞こえた。

 

自分の部屋を外から見た場合、左隣の部屋はおじいさんの一人暮らし。

 

おじいさんはよくテレビを見ているのだが、音だけでその番組がわかるほど壁が薄い。

 

そして反対側の右隣の部屋はずっと空き部屋だと思っていたが、いつからか子供が遊びに来ていた。

 

ただ、その部屋で遊んでいるわけではなさそうだった。

 

ある日、俺は部屋から出ると、子供が目の前を通り過ぎた。

 

そして、右隣の部屋のドアを開けて中に入っていった。

 

『あれ?そこ空き部屋だよな?』

 

そう思ったが、『イタズラか?でも慣れた感じだったな。カギが開いてたのか?』、そう考えた。

 

しばらく日をおいて、またその子がやって来た。

 

その時の俺は自分の部屋に居たが、子供の足音と右隣のドアが開く音がしたので、『あの子、また来たんだな』と思った。

 

「おじいちゃん!」

 

ドアを閉めた後で、その子がそんな大声を出した。

 

「おお、来たか」

 

左隣の部屋から、おじいさんが返事をした。

 

『何だよ、壁が薄いからって俺の部屋を挟んで会話してんじゃねーよ』

 

そう思っていると、右隣の部屋の玄関辺りから奥に向かってタタタタ・・・と走る足音が。(もちろんドアを閉めた後に開けた様子はない)

 

「なんだ、お前もう長袖か?」

 

「うん。今日は外、寒いんだよ」

 

『あれ?』

 

いつの間にか、左隣から子供の声が聞こえる。

 

左隣の部屋で、おじいさんと子供が喋っている。

 

一緒にテレビを見たりしている。

 

昼になり、二人は一緒にご飯を食べに出かけた。

 

そんなことが何回もあった。

 

ただ、決まって子供は右隣の部屋に入る。

 

そして、いつの間にか左隣の部屋でおじいさんと遊んでいるのだ。

 

まるで俺の部屋を素通りしているかのように。

 

ちなみに、子供が遊びに来るまでは、右隣の部屋からは何の物音もしないし、気配もない。

 

この長屋は一体どうなっているのだと思ったが、他には特に奇妙なこともなかったので、それからもしばらくはそこに住んでいた。

 

そして今、俺は別の場所に住んでいるのだが、時々この頃のことを思い出す。

 

『あの子、今もあの部屋に遊びに来ているのかなぁ』と。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ