僕の周りを得体の知れない黒いものが

沼

 

これは、山にある『沼』で体験した怪異な話。

 

僕が10歳の時のこと。

 

僕と従兄弟(9歳)と叔父さんとで、家から少し山中に入った沼にナマズ釣りへ出かけた。

 

僕はあまり釣りには興味なかったが、釣り好きの従兄弟と叔父さんが教えてくれると言うので一緒に行くことに。

 

目的地の沼まではあまり遠くもなく、20分ほどで着いた。

 

すぐに釣りを始めて、素人の僕も2匹ほど釣り、「なんだ、釣りも面白いなぁ」と増長しながら続けていた。

 

すると、僕の周りの草むらが不自然にガサガサとし始めた。

 

ウサギか子犬ぐらいの大きさのものが走り回っているような感じ。

 

次の瞬間、叔父さんが血相を変えて走ってきて、「早く帰るぞ!」と言う。

 

僕はもっとやりたいと言ったが、叔父さんがあたふたと帰り支度をするので仕方なく帰った。

 

帰る途中も、叔父さんの様子は来る時と全然違い、いつもは冗談など言って陽気な人なのに一言も喋らない。

 

そうするうちに家に着いた。

 

僕は叔父さんに、「釣りも好調だったのに何で急に帰ってきたの?」と聞いてみると、こう言われた。

 

「おまえの周りをラグビーボールぐらいの得体の知れない黒いものがぐるぐる回り出したのが見えたんで、それで引き上げたんだ。お前は見てないのか?」

 

そして、「もうあそこでは釣りはしない方がいいな」と言って、それからは二度とその沼に行くことはなかった。

 

もしかすると叔父さんは、僕のために『黒いもの』ってぼかした言い方をしてくれたが、首か何か、はっきりと見えていたのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ