「あのね、入れておくれって言うの」

出窓

 

これは、家族で山のペンションに泊まった時の話。

 

夜中、先に休ませたはずの娘が寝室から出てきた。

 

「どうしたの?おトイレ?」

 

そう私が尋ねると、まだ幼かった娘は困った顔で答えた。

 

「あのね、入れておくれって言うの。でも、私じゃ窓の鍵に手が届かないの」

 

娘が何を言っているのかすぐにはわからなかったけれど、その内容を理解するや否や、「誰がそんなこと言ってるの!?」と聞き返した。

 

「えっと、角のあるお姉さんが窓を叩いてね、そう言うの」

 

慌てて夫を呼ぶと、二人一緒に寝室へ入り、窓を見た。

 

何か“白い影”が一瞬だけ見えたが、あっという間に見えなくなる。

 

夫は私に娘を預け、一人で外を確認しに行った。

 

やがて首を傾げながら戻ってくる。

 

「誰の姿も足跡も見つからないよ。建物の周りは砂利が敷いてあるから、逃げたところで痕跡が残るはずなんだけどなぁ。そういえば、足音なんかもまったく聞こえなかったなぁ

 

その後は何も怪しいことは起こらなかったけれど…。

 

ただ、そこを後にするまで、どうにも落ち着かなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ